64 ビット オペレーティング システムに、Update Manager サーバをインストールしたり、アップグレードしたりできます。Update Manager は 64 ビットのオペレーティング システム上で実行されますが、Update Manager は 32 ビット アプリケーションであり、32 ビット DSN が必要です。

このタスクについて

32 ビット DSN の要件は、サポートされているすべてのデータベースに適用されます。デフォルトでは、64 ビット システムで作成される DSN はすべて 64 ビット DSN になります。

手順

  1. ODBC ドライバをインストールします。
    • Microsoft SQL Server データベース サーバの場合、Microsoft Windows システムに 64 ビットのデータベース ODBC ドライバをインストールします。64 ビットのドライバをインストールすると、32 ビットのドライバは自動的にインストールされます。

    • Oracle データベース サーバの場合、Microsoft Windows システムに 32 ビットのデータベース ODBC ドライバをインストールします。

  2. [WindowsDir]\SysWOW64\odbcad32.exe にある 32 ビットの ODBC アドミニストレータ アプリケーションを実行します。
  3. アプリケーションを使用して DSN を作成します。

タスクの結果

これで Update Manager サーバと互換性がある DSN が完成します。Update Manager のインストーラで DSN の入力を求めるプロンプトが表示されたら、32 ビットの DSN を選択する必要があります。