Update Manager は、仮想アプライアンスのアップグレード、ESXi パッチ、エクステンション、および通知をダウンロードするためのソースとして共有リポジトリを使用するように構成できます。

始める前に

必要な権限:VMware vSphere Update Manager > Configure

UMDS を使用して共有リポジトリを作成し、Web サーバまたはローカル ディスク上にそのリポジトリを配置する必要があります。使用する UMDS バージョンは、Update Manager インストールと互換性のあるバージョンである必要があります。

互換性の詳細については、UMDS と Update Manager サーバとの互換性 を参照してください。アップグレード、パッチ バイナリ、パッチ メタデータ、および通知のエクスポートの詳細な手順については、ダウンロードしたデータのエクスポート を参照してください。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client を使用して、Update Manager が登録されている vCenter Server システムに接続します。
  2. vCenter Server への接続に使用しているクライアントによっては、以下の手順を実行します。

    クライアント

    手順

    vSphere Web Client

    1. 管理 タブで、[設定] の下の ダウンロード設定 をクリックします。

    2. [編集] をクリックします。

    vSphere Client

    1. 構成 タブで、[設定] の下の ダウンロード設定 をクリックします。

  3. ダウンロード ソース ペインで 共有リポジトリの使用 を選択します。
  4. 共有リポジトリへのパスまたは URL を入力します。

    たとえば、C:\repository_path\https://repository_path/、または http://repository_path/ と入力します。

    これらの例の repository_path は、ダウンロードしたアップグレード、パッチ、エクステンション、および通知のエクスポート先フォルダのパスです。Update Manager サーバは、インターネットに直接接続しないが、インターネットに接続しているマシンに接続している環境では、フォルダは Web サーバ上に配置できます。

    HTTP アドレス、HTTPS アドレス、または Update Manager がインストールされているディスク上の場所のいずれかを指定できます。サポートされる HTTPS アドレスは認証なしのアドレスです。

    重要:

    ネットワーク ドライブ上に配置されているフォルダを共有リポジトリとして使用することはできません。Update Manager は、Microsoft Windows Uniform Naming Convention 形式 (\\Computer_Name_or_Computer_IP\Shared など)、またはマッピングされたネットワーク ドライブ (Z:\ など) のいずれかで共有されたネットワーク上のフォルダからは、更新をダウンロードしません。

  5. vSphere Client を使用している場合、URL の検証 をクリックして、パスを検証します。

    [ダウンロード ソースの編集] ダイアログで OK をクリックすると、vSphere Web Client は自動的に検証を実行します。

    重要:

    指定したフォルダにある更新が、使用している Update Manager のバージョンとは互換性のないバージョンの UMDS を使用してダウンロードされている場合、検証は失敗し、エラー メッセージが表示されます。

    検証が成功していることを確認してください。検証が失敗した場合、Update Manager によって失敗の原因がレポートされます。検証が成功した場合のみ、共有リポジトリへのパスを使用できます。

  6. 適用 をクリックします。
  7. 今すぐダウンロード をクリックして、VMware vSphere Update Manager Update Download タスクを実行し、すぐに更新をダウンロードします。

タスクの結果

アップグレード、パッチ、および通知をダウンロードするためのソースとして、共有リポジトリが使用されます。

フォルダまたはサーバを共有リポジトリとして使用

フォルダまたは Web サーバを共有リポジトリとして使用できます。

  • フォルダを共有リポジトリとして使用する場合、repository_path は、UMDS からエクスポートされたパッチおよび通知が格納されている最上位ディレクトリです。

    たとえば、UMDS がインストールされたマシン上のプラグイン USB デバイスにマッピングされた F:\ ドライブに、UMDS を使用してパッチおよび通知をエクスポートします。次に、Update Manager がインストールされたマシンに USB デバイスをプラグインします。このマシン上では、デバイスは E:\ としてマッピングされます。Update Manager で共有リポジトリとして構成されるフォルダは、E:\ です。

  • Web サーバを共有リポジトリとして使用する場合、repository_path は、UMDS からエクスポートされたパッチが格納されている Web サーバ上の最上位ディレクトリです。

    たとえば、UMDS から C:\docroot\exportdata にパッチおよび通知をエクスポートします。フォルダが Web サーバで構成されており、https://umds_host_name/exportdata という URL でほかのマシンからアクセスできる場合、Update Manager で共有リポジトリとして構成される URL は、https://umds_host_name/exportdata です。