Oracle 接続が Update Manager とローカルで連携するように設定できます。

始める前に

使用する ODBC データソースが、32 ビット システム DSN であることを確認します。64 ビットのオペレーティング システムでの 32 ビット DSN の作成を参照してください。

手順

  1. 次の SQL 文を使用して、Update Manager 専用の新しいテーブルスペースを作成します。
    CREATE TABLESPACE "VUM" DATAFILE 'ORACLE_BASE\ORADATA\VUM\VUM.dat' SIZE 1000M AUTOEXTEND ON NEXT 500K;

    この例の ORACLE_BASE は、Oracle ディレクトリ ツリーのルートです。

  2. 次のようにして、ODBC を使用してこのテーブルスペースにアクセスするための、vumAdmin などのユーザーを作成します。
    CREATE USER vumAdmin IDENTIFIED BY vumadmin DEFAULT TABLESPACE “vum”;
  3. このユーザーにdba 権限を付与するか、次の特定の権限を付与します。
    grant connect to vumAdmin grant resource to vumAdmin grant create any job to vumAdmin grant create view to vumAdmin grant create any sequence to vumAdmin grant create any table to vumAdmin grant lock any table to vumAdmin grant create procedure to vumAdmin grant create type to vumAdmin grant execute on dbms_lock to vumAdmin grant unlimited tablespace to vumAdmin # 容量制限が問題ではないことを確認するため
  4. データベースへの ODBC 接続を作成します。

    次に設定例を示します。

    Data Source Name:VUM TNS Service Name:VUM User ID:vumAdmin