Update Manager Web Client を使用することで、vSphere Web Client から、添付されたベースラインおよびベースライン グループを基準にして vSphere インベントリ内の仮想マシンおよび仮想アプライアンスをスキャンできます。vSphere ClientUpdate Manager Client プラグインから、あとでステージングおよび修正を実行できます。

このタスクについて

VMware Studio で構築した仮想アプライアンスを vSphere Web Client でインポートしたあとは、そのアプライアンスをパワーオンして、仮想アプライアンスとして検出されるようにします。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client を使用して、Update Manager が登録されている vCenter Server システムに接続します。

    クライアント

    手順

    vSphere Web Client

    1. ホーム > 仮想マシンおよびテンプレート を選択します。

    2. インベントリ オブジェクト ナビゲータで、仮想マシンを右クリックし、Update Manager > アップデートの有無のスキャン を選択します。

    vSphere Client

    1. ナビゲーション バーで ホーム > インベントリ > 仮想マシンおよびテンプレート を選択します。

    2. オブジェクト ナビゲータで、仮想マシンを右クリックし、スキャン を選択します。

    [スキャン] ウィザードが開きます。

  2. スキャンするアップデートのタイプを選択します。

    仮想アプライアンスのアップグレードVMware Tools のアップグレード、および 仮想マシン ハードウェアのアップグレード のスキャンが可能です。

  3. OKをクリックします。

タスクの結果

仮想マシンおよびアプライアンスは、選択したオプションに応じて、添付されているベースラインを基準にスキャンされます。

次のタスク

vSphere ClientUpdate Manager Client プラグインで、スキャンしたインベントリ オブジェクトのステージングと修正を行います。