仮想アプライアンスのアップグレード修正によって、オペレーティング システムとアプリケーションを含む、仮想アプライアンス内のソフトウェア スタック全体がアップグレードされます。仮想アプライアンスを最新リリースのバージョンまたは最新の重要なバージョンにアップグレードするには、Update Manager の事前定義済みのアップグレード ベースラインのいずれかを使用するか、自分でアップグレード ベースラインを作成できます。

このワークフローでは、vSphere インベントリ内の仮想アプライアンスをアップグレードする方法について説明します。フォルダまたはデータ センター レベルで仮想アプライアンスをアップグレードできます。また、1 つの仮想アプライアンスをアップグレードすることもできます。このワークフローでは、コンテナ オブジェクトの複数の仮想アプライアンスをアップグレードする処理について説明します。

  1. (任意) 仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを作成します。

    Update Manager の管理ビューの ベースラインおよびグループ タブから、仮想アプライアンス ベースラインを作成します。手順の詳細な説明については、仮想アプライアンス アップグレード ベースラインの作成および編集 を参照してください。

  2. アップグレードする仮想アプライアンスが含まれるオブジェクトに仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを添付します。

    仮想アプライアンスをスキャンおよびアップグレードするには、アップグレードする仮想アプライアンスが含まれるコンテナ オブジェクトに仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを添付します。コンテナ オブジェクトは、フォルダ、vApp、またはデータ センターです。手順の詳細な説明については、#GUID-5EA28531-0813-4B04-99A7-F8D88756F3CC を参照してください。

  3. コンテナ オブジェクトをスキャンします。

    選択したコンテナ オブジェクトに仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを添付したあとで、スキャンしてコンテナの仮想アプライアンスのコンプライアンス状態を確認する必要があります。選択したオブジェクトは、手動ですぐにスキャンを開始できます。仮想アプライアンスを手動でスキャンする方法の詳細な手順については、#GUID-34AD4330-F20F-413A-8905-E2FDD51974BC を参照してください。

    また、スキャン タスクをスケジュール設定することによって、都合のよい時間にコンテナ オブジェクトの仮想アプライアンスをスキャンできます。スキャンのスケジュール設定に関する情報および詳細な手順については、スキャンのスケジュール設定 を参照してください。

  4. Update Manager Client のコンプライアンス ビューに表示されるスキャン結果を確認します。

    スキャン結果の表示に関する詳細な手順、およびコンプライアンス状態に関する情報については、vSphere オブジェクトのスキャン結果とコンプライアンス状態の参照 を参照してください。

  5. 添付された仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを基準に、コンテナ オブジェクトの仮想アプライアンスを修正します。

    仮想アプライアンスが非準拠の場合は、仮想アプライアンスのコンテナ オブジェクトを修正し、添付されているベースラインに準拠するようにします。修正プロセスは手動で開始するか、修正タスクをスケジュール設定することで開始できます。手順の詳細な説明については、仮想マシンおよび仮想アプライアンスの修正 を参照してください。

    不足しているアップデートをダウンロードするための指示が Update Manager から仮想アプライアンスに対して出され、修正プロセスの実施タイミングと方法が制御されますが、アップデートのダウンロードとインストールは仮想アプライアンス自体で行われます。

修正された仮想アプライアンスは、添付されたベースラインと準拠するようになります。