修正ウィザードを使用して、ホスト、仮想マシン、および仮想アプライアンスの修正処理をスケジュール設定できます。

vSphere インベントリのコンテナ オブジェクト内のすべてのホストまたは仮想マシンについて、修正をスケジュール設定できます。選択したコンテナ オブジェクト内のホストまたは仮想マシンに、スケジュール設定された組織的なアップグレードを実行できます。

修正をスケジュール設定するには、修正 ウィザードのスケジュールページで修正処理の時間を指定する必要があります。

vCenter Server では、スケジュール設定されたタスクに vCenter Server ホスト マシン クロックが使用されます。vCenter Server インスタンスとはタイム ゾーンの異なる ESXi ホストの修正スケジュールを設定した場合、スケジュール設定タスク に表示されるスケジュールの時刻は、ESXi ホストのタイム ゾーンではなく、vCenter Server のタイム ゾーンの時刻になります。スケジュール設定タスク には、監視 タブの タスクおよびイベント タブから移動できます。

スケジュール設定された既存の修正タスクは編集できません。スケジュール設定された修正タスクを削除し、代わりに新しいタスクを作成することができます。

使用している vCenter Server システムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって他の vCenter Server に接続されていて、複数の Update Manager インスタンスがインストールされて登録されている場合は、スケジュール設定されたタスクを vCenter Server インスタンスごとに作成することができます。作成するスケジュール設定タスクは、指定した Update Manager だけに固有のもので、グループ内のほかのインスタンスには適用されません。Update Manager インスタンスを指定するには、Update Manager インスタンスが登録されている vCenter Server システムの名前をナビゲーション バーで選択します。