ホストの修正は、添付するベースラインのタイプ、またホストがクラスタに含まれるかどうかによって、実行の方法が異なります。

クラスタ内のホストの修正

1 つのクラスタに複数の ESXi ホストがある場合、デフォルトで、修正処理は連続して行われます。Update Manager 6.0 では、ホストの修正を並行して実行することもできます。

クラスタのホストを連続的に修正していて、そのホストの 1 つがメンテナンス モードに入れなかった場合、Update Manager はエラーを報告し、修正は停止して失敗します。クラスタ内で修正されたホストは、そのアップデート レベルが維持されます。失敗したホストのあとで修正されなかったホストはアップデートされません。DRS 対応のクラスタ内のホストが、Update Manager または vCenter Server がインストールされた仮想マシンを実行している場合、DRS はまず vCenter Server または Update Manager を実行している仮想マシンを別のホストに移行して、修正が成功するようにします。仮想マシンを別のホストに移行できない場合、そのホストに対する修正は失敗しますが、処理は停止しません。Update Manager は、クラスタ内の次のホストの修正を行います。

1 つのクラスタ内の複数の ESXi ホストのホスト アップグレードの修正は、クラスタ内のホストすべてがアップグレード可能な場合にのみ先に進みます。

1 つのクラスタ内の複数のホストを修正するには、VMware DPM や HA のアドミッション コントロールなどのクラスタ機能を一時的に無効にする必要があります。また、ホスト上にあるいずれかの仮想マシンに対して FT が有効になっている場合、vMotion での移行が可能になるように、FT を一時的に無効にし、ホスト上のその仮想マシンに接続されている取り外し可能デバイスを取り外す必要があります。修正プロセスを開始する前に、クラスタ機能が有効になっているクラスタ、ホスト、または仮想マシンを示すレポートを生成できます。詳細については、クラスタ修正オプションのレポート を参照してください。

クラスタ内のホストの修正を並行実行する場合、Update Manager は複数のホストを同時に修正します。修正の並行実行中に Update Manager でホストの修正エラーが発生した場合、Update Manager はそのホストを無視し、クラスタ内の別のホストを対象として修正処理が続行されます。Update Manager は、DRS 設定に影響を与えずに並行修正できるホストの最大数を継続的に評価します。同時に修正されるホストの数は、特定の数に指定できます。

Update Manager は、Virtual SAN クラスタの一部であるホストを並行して修正するオプションを選択した場合にも、これらのホストを順次修正します。これは設計上、Virtual SAN クラスタの 1 台のホストのみをいつでもメンテナンス モードにすることができるためです。

1 つのデータ センターにある複数のクラスタでは、修正プロセスは並行して実行されます。データ センター内のクラスタの 1 つで修正が失敗しても、残りのクラスタは修正されます。

ベースライン グループを基準にした修正

アップグレード ベースラインおよびパッチ ベースラインまたはエクステンション ベースラインを含むベースライン グループを使用してホストを修正する場合は、アップグレードが先に実行されます。

ホスト アップグレード修正

ESXi 5.x ホストを ESXi 6.0 にアップグレードする場合、VIB がインストーラ ISO に含まれているかどうかにかかわらず、サポートされるカスタム VIB はすべてアップグレードした後もホストで影響を受けません。

ESXi 6.0 用サードパーティ製モジュールが含まれているカスタム ESXi イメージを使用して、ホストをアップグレードすることができます。この場合、ESXi 6.0 との互換性を持つサードパーティ製モジュールを、アップグレード後のホストで使用できます。

Update Manager とホストが別の場所にある、待ち時間の長いネットワークでのホスト アップグレードは、場合によっては数時間かかります。これは、アップグレードの前に、Update Manager サーバ リポジトリからホストにアップグレード ファイルがコピーされるためです。この間、ホストはメンテナンス モードのままです。

重要:

ホストを ESXi 6.0 にアップグレードすると、バージョン ESXi 5.x ソフトウェアにロールバックできません。ホストのアップグレードを実行する前に、ホストの構成をバックアップしてください。アップグレードに失敗した場合は、アップグレード元の ESXi 5.x ソフトウェアを再インストールし、ホスト構成をリストアできます。ESXi 構成のバックアップとリストアに関する詳細については、『vSphere のアップグレード』 を参照してください。

Update Manager 6.0 は、ESXi 5.x から ESXi 6.0 へのアップグレードをサポートします。ESXi 5.0、ESXi 5.1 または ESXi 5.5 へのホストのアップグレードは、サポートされていません。

ホスト パッチの修正

Update Manager はホスト パッチを次のように取り扱います。

  • パッチ ベースライン内のあるパッチが別のパッチのインストールを必要とする場合、Update Manager はパッチ リポジトリ内から要件を検出して、選択したパッチとともにそれをインストールします。

  • ホストにインストールされたほかのパッチとの競合が発生すると、競合が発生したパッチはインストールまたはステージングされないことがあります。ただし、ベースライン内の別のパッチで競合が解決する場合は、競合するパッチはインストールされます。たとえば、ベースラインがパッチ A とパッチ C を含んでいて、パッチ A が、すでにホストにインストールされているパッチ B と競合する場合を考えます。パッチ C によりパッチ B が古くなり、かつパッチ A と競合しない場合は、修正プロセスでパッチ A とパッチ C がインストールされます。

  • パッチが Update Manager パッチ リポジトリ内のパッチと競合する場合で、ホストとは競合しない場合、スキャン後にUpdate Manager はこのパッチを競合があるパッチとして報告します。このパッチをステージングしてホストに適用できます。

  • 同じパッチの複数のバージョンが選択された場合は、Update Manager は最新のバージョンをインストールし、古いバージョンはスキップします。

パッチの修正中、Update Manager はパッチの要件となるファイルを自動的にインストールします。

Update Manager 6.0 では、バージョンが ESXi 5.x のホストを、手動でインポートしたオフライン バンドルを基準にして修正することができます。

修正処理の前にパッチをステージングすることで、ホストのダウンタイムを減らすことができます。

ホスト エクステンションの修正

Update Manager は、エクステンションの修正中に、そのエクステンションに要件を自動的にインストールすることはありません。そのため、一部の修正操作が失敗する可能性があります。不足している要件がパッチの場合、パッチ ベースラインにそれを追加できます。不足している要件がエクステンションの場合、同一またはほかのエクステンション ベースラインにそれを追加できます。その後、要件および元のエクステンションを含む 1 つ以上のベースラインを基準にホストを修正できます。ホストのエクステンションの修正またはステージングで発生した障害のトラブルシューティングの詳細は、要件が満たされていないためにホスト エクステンションの修正またはステージングが失敗する を参照してください。

PXE 起動の ESXi ホストの修正

Update Manager 6.0 では、PXE 起動の ESXi ホストを修正できます。Update Manager は、PXE 起動の ESXi ホストの再起動が必要なパッチは適用しません。

PXE 起動の ESXi ホストに追加ソフトウェアがインストールされている場合、ホストが再起動するとそのソフトウェアが失われる可能性があります。追加ソフトウェアを含むイメージ プロファイルを更新して、再起動後も保持されるようにする必要があります。