組織的なアップグレードによって、vSphere インベントリのオブジェクトを 2 ステップのプロセスでアップグレードできます。1 つめのプロセスがホストのアップグレードで、2 つめのプロセスが仮想マシンのアップグレードです。プロセスは、より高度に自動化するためにクラスタ レベルで構成することも、細かく制御するために個別のホストまたは仮想マシン レベルで構成することもできます。

クラスタで VMware DRS (Distributed Resource Scheduler) を使用できる場合は、仮想マシンをパワーオンしたままクラスタをアップグレードできます。組織的なアップグレードを実行するには、まずホスト アップグレード ベースラインを基準にしてクラスタを修正してから、「ホストと整合するように仮想マシン ハードウェアをアップグレード」 ベースラインと 「ホストと整合するように VMware Tools をアップグレード」 ベースラインが含まれる仮想マシン アップグレード ベースライン グループを基準にして、同じクラスタを修正する必要があります。