動的ベースラインは、特定の条件を満たす一群のパッチで構成されます。動的ベースラインの内容は、使用可能なパッチに応じて異なります。特定のパッチを除外したり、追加したりすることもできます。追加または除外するように選択したパッチは、新しいパッチをダウンロードするたびに変化するものではありません。

始める前に

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client を使用して、Update Manager が登録されている vCenter Server システムに接続します。
  2. vCenter Server への接続に使用しているクライアントによっては、以下の手順を実行します。

    クライアント

    手順

    vSphere Web Client

    1. 管理 タブで、[ホスト ベースライン] の下の 新規ベースラインの作成 をクリックします。

    vSphere Client

    1. ベースラインおよびグループ タブで、[ベースライン] タブの上にある 作成 をクリックします。

  3. ベースラインの名前と説明(説明は任意)を入力します。
  4. ベースラインのタイプで ホスト パッチ を選択し、次へ をクリックします。
  5. ベースラインのタイプとして 動的 を選択し、次へ をクリックします。
  6. 動的ベースラインの基準ページで、条件を指定して含めるパッチを定義し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    パッチ ベンダー

    使用するパッチ ベンダーを指定します。

    製品

    パッチ セットを、選択した製品またはオペレーティング システムに限定します。

    製品名の最後のアスタリスクは、バージョン番号のワイルドカードです。

    重要度

    含めるパッチの重要度を指定します。

    カテゴリー

    含めるパッチのカテゴリーを指定します。

    リリース日

    パッチのリリース日を範囲で指定します。

    これらのフィールド間の関係は、ブール演算子 AND で定義されます。

    たとえば、製品と重要度オプションを選択すると、パッチは、選択された製品と指定された重要度に該当するパッチに限定されます。

  7. (オプション) : 除外するパッチ ページで、リストから 1 つ以上のパッチを選択し、下矢印をクリックしてベースラインから永続的に除外します。
  8. (オプション) : vSphere Client を使用している場合、詳細 をクリックして、ベースラインから除外する特定のパッチを検索します。
  9. 次へ をクリックします。
  10. (オプション) : [追加のパッチ] ページでベースラインに含めるパッチを個別に選択し、下矢印をクリックして、[追加する固定パッチ] リストに移動します。

    動的ベースラインに追加したパッチは、新しくダウンロードしたパッチに関係なく、ベースラインに残ります。

  11. (オプション) : vSphere Client を使用している場合、詳細 をクリックして、ベースラインに含める特定のパッチを検索します。
  12. 次へ をクリックします。
  13. 終了準備の完了ページで 終了 をクリックします。

タスクの結果

新しいベースラインが、ベースラインおよびグループ タブのベースライン ペインに表示されます。