Update Manager の設定の構成と、ベースライン、パッチ、およびアップグレードの管理を行うには、適切な権限が必要です。vSphere Client から、さまざまなロールに Update Manager の権限を割り当てることができます。

Update Manager の権限には、異なる機能が含まれます。

表 1. Update Manager の権限

権限グループ

権限

説明

構成

サービスの構成

Update Manager のサービスおよびスケジュール設定されたパッチのダウンロード タスクを構成

ベースラインの管理

ベースラインの添付

vSphere インベントリのオブジェクトにベースラインおよびベースライン グループを添付

ベースラインの管理

ベースラインおよびベースライン グループの作成、編集、または削除

パッチおよびアップグレードの管理

パッチ、エクステンション、およびアップグレードを適用する修正

仮想マシン、仮想アプライアンス、およびホストを修正して、パッチ、エクステンション、またはアップグレードを適用。また、この権限によりコンプライアンス状態の表示が可能

適用可能なパッチ、エクステンション、およびアップグレードのスキャン

仮想マシン、仮想アプライアンス、およびホストをスキャンして、適用可能なパッチ、エクステンション、またはアップグレードを検索

パッチおよびエクステンションのステージング

ホストに対し、パッチまたはエクステンションをステージング。また、この権限によりホストのコンプライアンス状態の表示が可能

コンプライアンスの状態の表示

vSphere インベントリにあるオブジェクトのベースライン コンプライアンス情報を表示。

ファイルのアップロード

ファイルのアップロード

アップグレード イメージおよびオフライン パッチ バンドルをアップロード。

ユーザー、グループ、ロール、および権限の管理に関する詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』を参照してください。