Microsoft Excel を使用して、Update Manager データベースに接続し、データベース ビューを照会して、一般的なレポートを生成できます。

始める前に

Update Manager データベースへの ODBC 接続が必要です。

手順

  1. Update Manager データベースがセットアップされているコンピュータにログインします。
  2. Windows スタート メニューから すべてのプログラム > Microsoft Office > Microsoft Excel を選択します。
  3. データ > 外部データの取り込み > 新しいデータベース クエリ を選択します。
  4. データ ソースの選択ウィンドウで、VMware Update Manager を選択し、OK をクリックします。

    必要な場合、データベース クエリ ウィザードで ODBC DSN 名を選択し、ODBC データベース接続用のユーザー名とパスワードを入力します。

  5. クエリ ウィザード - 列の選択ウィンドウで、クエリに含むデータの列を選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    使用可能なテーブルと列

    使用可能なテーブル、ビュー、および列が一覧表示されます。スクロール ダウンして、VUMV_ で始まるデータベース ビューを選択します。次に、ビューを展開し、特定の列をダブルクリックして選択します。

    クエリの列

    クエリに含むように選択できる列が一覧表示されます。

    選択した列にあるデータのプレビュー

    プレビュー をクリックすると、選択した列のデータが表示されます。

    たとえば、インベントリのすべてのオブジェクトおよびインベントリ オブジェクトのすべてのパッチについての最新のスキャン結果を取得する場合は、使用可能なテーブルと列ペインから、次のデータベース ビューと対応する列を選択します。

    • VUMV_UPDATES

    • VUMV_ENTITY_SCAN_RESULTS

  6. クエリ ウィザードがクエリ内のテーブルを結合できないという警告メッセージに対して、OK をクリックします。
  7. Microsoft Query ウィンドウで、最初のビューから別の列に列名をドラッグして、テーブル内の列を手動で結合します。

    たとえば、VUMV_UPDATES データベース ビューの META_UID 列と、VUMV_ENTITY_SCAN_RESULTS データベース ビューの UPDATE_METAUID 列を結合します。

    選択した列の間の線は、これらの列が結合されることを示しています。

タスクの結果

Microsoft Query ウィンドウでは、データはすべてのインベントリ オブジェクトに対して自動的に照会されます。