サードパーティ ベンダーの Web サイトに接続して ESXi 5.x および ESXi 6.0 ホスト用のパッチと通知をダウンロードするように、UMDS を構成できます。UMDS による仮想アプライアンス アップグレードのダウンロード元となる URL アドレスも構成できます。

手順

  1. UMDS がインストールされているマシンにログインして、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. UMDS がインストールされているディレクトリに移動します。

    64 ビット Windows の場合、デフォルトの場所は C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\Update Manager です。

  3. 新しい URL アドレスからデータをダウンロードするための UMDS を構成します。
    • ESXi 5.x または ESXi 6.0 ホストのパッチおよび通知をダウンロードするための新しい URL アドレスを追加するには、次のコマンドを実行します。

      <userinput>vmware-umds -S --add-url https://<varname id="varname_7A595436791142289CF424646C300448">host_URL</varname>/index.xml --url-type HOST
      </userinput>
    • 仮想アプライアンス アップグレードをダウンロードするための URL アドレスを追加するには、次のコマンドを実行します。

      <userinput>vmware-umds -S --add-url https://<varname id="varname_9A20508B47854713999B79D67EF96474">virtual_appliance_URL</varname>/index.xml --url-type VA
      </userinput>
  4. (オプション) : URL アドレスを削除すると、UMDS は以後データをダウンロードしません。

    ダウンロード済みのデータは保持され、エクスポートできます。

    <userinput>vmware-umds.exe -S --remove-url https://<varname id="varname_CB9A4BFA1B5C482480C99FB29776C070">URL_to_remove</varname>/index.xml
    
    </userinput>

タスクの結果

これで、特定の URL アドレスから、ホスト パッチおよび通知、また、仮想アプライアンス アップグレードをダウンロードするように UMDS が構成されました。

次のタスク

UMDS を使用してパッチおよび通知をダウンロードします。