Update Manager をインストールまたはアップグレードすると、必要な Update Manager Java Components (JRE) がサイレントでインストールまたはアップグレードされます。vCenter Server Java コンポーネント パッチを使用して、Update Manager Java コンポーネントを Update Manager インストーラとは別にアップグレードすることもできます。

始める前に

  • VMware のダウンロード ページ (https://my.vmware.com/web/vmware/downloads) から vCenter Server Java コンポーネント パッチをダウンロードします。名前の形式は、VMware-VIMPatch-5.5.0-build_number-YYYYMMDD.iso です。

  • スキャン、ステージング、修正など、実行中の Update Manager 操作をすべて停止します。

このタスクについて

個別のインストーラを使用すると、Update Manager リリースとは非同期的にリリースされるバージョンに JRE をアップグレードできます。JRE の以前のバージョンがシステムに存在する場合、この手順によってそのバージョンがアップグレードされます。

Update ManagervCenter Server と同じシステム上で稼働していて、前のバージョンの vCenter Server tc Server がそのシステム上にある場合、この手順によって、vCenter Server tc Server コンポーネントもアップグレードされます。

パッチ プロセスの間、 vCenter Server Java コンポーネントによって Update Manager サービスが再開されると、Update Manager はダウンタイムの状態になります。

手順

  1. Update Manager がインストールされているシステムに、vCenter Server Java コンポーネント パッチの ISO をマウントします。
  2. Windows エクスプローラーで ISO_mount_directory/autorun.exe ファイルをダブルクリックします。

    vCenter Server Java コンポーネントの更新ウィザードを開きます。

  3. すべてをパッチ をクリックします。

    Update Manager システム上の Java コンポーネントが最新の場合、それを確認するステータス メッセージが表示されます。

    Update Manager システム上の Java コンポーネントが最新でない場合、サイレントでアップグレードされます。

    すべてのパッチ ボタンをクリックすると、Update Manager がインストールされているシステムに、vCenter Server、vCenter Single Sign-On、vCenter Inventory Service、または vSphere Web Client もインストールされている場合、これらすべての Java コンポーネントもサイレントでアップグレードされます。

タスクの結果

Java コンポーネントは、Update Manager システム上でアップグレードされます。