Update Manager を使用すると、1 つのアップグレード ベースラインを使用して vSphere インベントリ内の ESXi ホストを組織的にアップグレードできます。

このワークフローでは、vSphere インベントリ内のホストの組織的なアップグレードを実行する処理の概要について説明します。

組織的なアップグレードは、フォルダ レベル、クラスタ レベル、またはデータ センター レベルで実行できます。

Update Manager 6.0 は、ESXi 5.x から ESXi 6.0 へのアップグレードをサポートします。ESXi 5.0、ESXi 5.1 または ESXi 5.5 へのホストのアップグレードは、サポートされていません。

重要:

ホストを ESXi 6.0 にアップグレードすると、バージョン ESXi 5.x ソフトウェアにロールバックできません。ホストのアップグレードを実行する前に、ホストの構成をバックアップしてください。アップグレードに失敗した場合は、アップグレード元の ESXi 5.x ソフトウェアを再インストールし、ホスト構成をリストアできます。ESXi 構成のバックアップとリストアに関する詳細については、『vSphere のアップグレード』 を参照してください。

  1. Update Manager のホストおよびクラスタ設定を構成します。

    Update Manager の管理ビューの 構成 タブから、Update Manager 設定を構成できます。Update Manager を使用したホストおよびクラスタ設定の構成に関する情報および詳細な手順については、ホストおよびクラスタの設定の構成 を参照してください。

  2. ESXi イメージ(ISO ファイルとして配布されたもの)をインポートし、ホスト アップグレード ベースラインを作成します。

    vSphere インベントリ内のホストをアップグレードできるよう、ESXi 6.0 イメージをインポートします。ホスト イメージは、Update Manager の管理ビューにある ESXi イメージ タブからインポートできます。

    ホスト アップグレード リリースのインポートの完全な手順については、ホスト アップグレード イメージのインポートとホスト アップグレード ベースラインの作成. を参照してください。

  3. アップグレードするホストが含まれるコンテナ オブジェクトにホスト アップグレード ベースラインを添付します。

    Update Manager の準拠ビューから、ベースラインおよびベースライン グループをオブジェクトに添付します。vSphere オブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付の詳細については、#GUID-5EA28531-0813-4B04-99A7-F8D88756F3CC を参照してください。

  4. コンテナ オブジェクトをスキャンします。

    選択したコンテナ オブジェクトにベースラインを添付したあとで、スキャンしてコンテナのホストのコンプライアンス状態を確認する必要があります。選択したオブジェクトは、手動ですぐにスキャンを開始できます。ホストを手動でスキャンする方法の詳細な手順については、#GUID-72B973CF-671A-4C7A-B5CA-2ACC0ECA31FE を参照してください。

    また、スキャン タスクをスケジュール設定することによって、都合のよい時間にコンテナ オブジェクトのホストをスキャンできます。スキャンのスケジュール設定の情報および詳細な手順については、スキャンのスケジュール設定 を参照してください。

  5. Update Manager Client のコンプライアンス ビューに表示されるスキャン結果を確認します。

    スキャン結果の表示に関する詳細な手順、およびコンプライアンス状態に関する情報については、vSphere オブジェクトのスキャン結果とコンプライアンス状態の参照 を参照してください。

  6. コンテナ オブジェクトを修正します。

    ホストが非準拠の場合は、添付されたベースラインに準拠するようホストのコンテナ オブジェクトを修正します。修正プロセスは手動で開始するか、修正タスクをスケジュール設定することで開始できます。アップグレード ベースラインを基準にしたホストの修正に関する情報および詳細な手順については、アップグレード ベースラインを基準にしたホストの修正 を参照してください。

アップグレードされたホストは修正中に再起動し、一定の時間切断されます。