使用可能な仮想アプライアンス アップグレードを Update Manager の管理ビューで表示することができます。

始める前に

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続し、ホーム ページのソリューションおよびアプリケーション アイコンの Update Manager をクリックします。

このタスクについて

使用可能な仮想アプライアンス アップグレードは、Update Manager リポジトリに格納されています。仮想アプライアンスのアップグレード時に、どのバージョンにアップグレードするかを選択できます。使用可能なアップグレードを表示およびフィルタリングすることができます。また、使用可能な仮想アプライアンス アップグレードの、変更ログの参照や、EULA への同意も行えます。

手順

  1. Update Manager の管理ビューで 仮想アプライアンスのアップグレード タブをクリックすると、すべての使用可能な仮想アプライアンス アップグレードが表示されます。
  2. (オプション) : 表示されている場合は、EULA 列の EULA - 同意されていません をクリックして、仮想アプライアンス アップグレードの EULA に同意します。

    修正ウィザードまたは 仮想アプライアンスのアップグレード タブのいずれかから、EULA に同意できます。EULA への同意は、1 度だけ行う必要があります。

  3. (オプション) : 仮想アプライアンスの名前を右クリックし、変更ログの表示 を選択して、仮想アプライアンス変更ログの詳細ウィンドウに追加情報を表示します。