Update Manager サーバをインターネットまたは共有リポジトリのいずれかからパッチ、拡張機能、および仮想アプライアンス アップグレードをダウンロードするように構成できます。また、ZIP ファイルから手動でパッチとエクステンションをインポートすることもできます。

Update Manager のダウンロード元の構成は任意の手順です。

デプロイシステムがインターネットに接続されている場合は、デフォルト設定とリンクを使用して、Update Manager リポジトリにアップグレード、パッチ、およびエクステンションをダウンロードできます。また、URL アドレスを追加して、仮想アプライアンスのアップグレードまたはサードパーティ製のパッチおよびエクステンションをダウンロードすることもできます。サードパーティ製のパッチおよびエクステンションは、ESXi 5.0 以降を実行しているホストにのみ適用可能です。

デプロイシステムがインターネットに接続されていない場合は、Update Manager Download Service (UMDS) を使用してアップグレード、パッチ、およびエクステンションをダウンロードしたあとで、共有リポジトリを使用できます。

UMDS に関する詳細は、Update Manager Download Service のインストール、設定、および使用 を参照してください。

Update Manager では、オフライン バンドルと呼ばれる ZIP ファイルから、VMware とサードパーティの両方のパッチまたはエクステンションを手動でインポートできます。オフライン バンドルのインポートは、ESXi 5.0 以降を実行しているホストでのみサポートされます。オフライン バンドルの ZIP ファイルをインターネットからダウンロード、またはメディア ドライブからコピーして、ローカル ドライブまたは共有ネットワーク ドライブに保存します。あとで Update Manager パッチ リポジトリにパッチまたはエクステンションをインポートできます。オフライン バンドルは、当社の Web サイト、またはサードパーティ ベンダーの Web サイトからダウンロードできます。

注:

オフライン バンドルは、ホストへのパッチの適用処理にのみ使用できます。ESXi 5.x から ESXi 6.0 へのホスト アップグレードに、サードパーティのオフライン バンドルまたはカスタム VIB セットから生成したオフライン バンドルを使うことはできません。

この手順の詳細な説明については、Update Manager のダウンロード ソースの構成 を参照してください。