同一の vCenter Single Sign-On ドメインに外部 Platform Services Controller インスタンスを追加することにより、システムの高可用性が確保されます。

始める前に

  • 古い Platform Services Controller インスタンスが応答しなくなった場合は、cmsso-util unregister コマンドでノードの削除と古い vmdir データのクリーンアップを実行します。Platform Services Controller インスタンスの廃止については、https://kb.vmware.com/kb/2106736を参照してください。

  • vdcrepadmin -f showservers コマンドを実行して、すべての Platform Services Controller インスタンス(古いインスタンス、新しいインスタンスを含む)が、同じ vCenter Single Sign-On ドメインおよびサイトに含まれていることを確認します。このコマンドの使用方法については、https://kb.vmware.com/kb/2127057を参照してください。

このタスクについて

外部 Platform Services Controller の応答が停止している場合、または外部 Platform Services Controller のロードを分散させる必要がある場合は、vCenter Server インスタンスを、同じドメインおよびサイト内の他の Platform Services Controller に再ポイントします。

  • vCenter Server インスタンスを再ポイントできるのは、同じドメインおよびサイト内の空き容量があり正常に稼動している既存の Platform Services Controller インスタンスです。

  • 同じドメインおよびサイトに新しい Platform Services Controller インスタンスをインストールまたはデプロイし、そのインスタンスに vCenter Server インスタンスを再ポイントすることもできます。

手順

  1. vCenter Server インスタンスにログインします。
    • vCenter Server Appliance の場合、root として vCenter Server Appliance シェルにログインします。

    • Windows 上の vCenter Server インスタンスの場合、管理者として vCenter Server 仮想マシンまたは物理サーバにログインします。

  2. vCenter Server インスタンスが Windows で実行されている場合は、Windows コマンド プロンプトで、C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin に移動します。
  3. cmsso-util repoint コマンドを実行します。
    cmsso-util repoint --repoint-psc psc_fqdn_or_static_ip [--dc-port port_number]

    角括弧 [] でコマンドのオプションを囲みます。

    ここでの psc_fqdn_or_static_ip は、Platform Services Controller を特定するために使用するシステム名です。このシステム名は、FQDN または固定 IP アドレスにする必要があります。

    注:

    FQDN 値は大文字と小文字を区別します。

    Platform Services Controller がカスタム HTTPS ポートで実行される場合は、--dc-port port_number オプションを使用します。HTTPS ポートのデフォルト値は 443 です。

  4. vSphere Web Client を使用して vCenter Server インスタンスにログインし、vCenter Server が実行中であり管理可能であることを確認します。

タスクの結果

vCenter Server インスタンスが新しい Platform Services Controller に登録されます。