ESXi ホストのアップデートは、それらを適用する前にホストをメンテナンス モードに切り替える必要がある場合があります。Update Manager は、これらのアップデートを適用する前に ESXi ホストをメンテナンス モードにします。ホストをメンテナンス モードにできなかった場合の Update Manager の対応方法を設定できます。

始める前に

必要な権限:VMware vSphere Update Manager > Configure

このタスクについて

クラスタとは異なるコンテナ内のホスト、または個別のホストの場合、vMotion での仮想マシンの移行は実行できません。vCenter Server で仮想マシンを別のホストに移行できない場合、Update Manager の対応方法を構成できます。

Virtual SAN クラスタの一部であるホストは、一度に 1 台のみメンテナンス モードにできます。これは、Virtual SAN クラスタの特異性です。

ホストが Virtual SAN クラスタのメンバーであり、さらにそのホスト上の任意の仮想マシンが「許容する障害の数 = 0」の設定の 仮想マシン ストレージ ポリシーを使用している場合、そのホストがメンテナンス モードに入るときに異常な遅延が発生する可能性があります。この遅延は、Virtual SAN データストア クラスタにおいて、Virtual SAN が仮想マシン データを 1 つのディスクから別のディスクへ移行する必要があるために発生します。遅延は数時間かかる場合があります。これは、仮想マシン ストレージ ポリシーを「許容する障害の数 = 1」に設定することで回避できます。この設定では、Virtual SAN データストアに仮想マシン ファイルのコピーを 2 つ作成することになります。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client を使用して、Update Manager が登録されている vCenter Server システムに接続します。
  2. vCenter Server への接続に使用しているクライアントによっては、以下の手順を実行します。

    クライアント

    手順

    vSphere Web Client

    1. 設定 タブで、[管理] の下の ホスト/クラスタ設定 をクリックします。

    [編集] をクリックします。

    vSphere Client

    1. 構成 タブで、[設定] の下の ESXi ホスト/クラスタ設定 をクリックします。

  3. [メンテナンス モードの設定] で、仮想マシンのパワー状態 ドロップダウン メニューからオプションを選択して、修正対象のホスト上で実行中の仮想マシンおよびアプライアンスのパワー状態の変更を指定します。

    オプション

    説明

    仮想マシンのパワーオフ

    修正前にすべての仮想マシンおよび仮想アプライアンスのパワーオフ

    仮想マシンのサスペンド

    修正前にすべての実行中の仮想マシンおよび仮想アプライアンスのサスペンド

    仮想マシンのパワー状態を変更しない

    仮想マシンおよび仮想アプライアンスを現在のパワー状態のままにします。これはデフォルトの設定です。

  4. (オプション) : 障害発生時にメンテナンス モードへの切り替えを再試行 を選択し、再試行遅延と再試行回数を指定します。

    修正前にホストがメンテナンス モードに切り替わることに失敗した場合、Update Manager は、再試行遅延時間の経過後、再試行回数 フィールドで指定した回数までホストをメンテナンス モードにしようと試みます。

  5. (オプション) : ホストがメンテナンス モードに入るのを妨げる可能性があるリムーバブル メディア デバイスを一時的に無効にします を選択します。

    Update Manager は、CD/DVD ドライブまたはフロッピー ドライブが接続されている仮想マシンが配置されたホストを修正しません。ホストの仮想マシンに取り外し可能なメディア ドライブが接続されていると、ホストがメンテナンス モードに切り替わることができず、修正が中断する場合があります。

    修正後に、取り外し可能なメディア デバイスがまだ利用できる場合は、Update Manager はそれらのデバイスを再接続します。

  6. 適用 をクリックします。

タスクの結果

これらの設定がデフォルトの障害時対応の設定になります。個々の修正タスクを構成する際は、異なる設定を指定することができます。