vCenter Server のアップグレードの際には、vCenter Server のダウンタイムが必要です。

vCenter Server で予期されるダウンタイムは次のとおりです。

  • アップグレードの際には、vCenter Server の稼働を最低 40 ~ 50 分停止する必要があります。データベースのサイズに応じて、これ以上停止しなければならないこともあります。データベース スキーマのアップグレードでは、約 10 ~ 15 分停止する必要があります。この時間にはアップグレード後のホスト再接続にかかる時間は含まれません。

  • 組み込みデータベースを含む vCenter Server のデプロイの場合は、アップグレードの際に、レガシー vCenter Server データベースから新しいデータベース インスタンスにデータを移行するための余分な時間が必要になる場合があります。

  • マシンに Microsoft .NET Framework がインストールされていない場合は、vCenter Server のインストールを開始する前に再起動する必要があります。

  • アップグレードの実行中は、vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS) を使用できません。vSphere HA は、アップグレード中も使用できます。

vCenter Server が管理している ESXi ホスト、またはそれらのホスト上で実行されている仮想マシンについては、ダウンタイムは不要です。