vCenter Server Appliance のアップグレード ウィザードに、デプロイ情報の入力を求めるメッセージが表示されます。製品の再インストールが必要になる場合に備えて、ここで入力した値を記録しておくことをお勧めします。

重要:

vCenter Server Appliance 5.1 Update 3 以降から vCenter Server Appliance 6.0 へのアップグレードがサポートされています。 vCenter Server Appliance 5.0 をアップグレードするには、まず vCenter Server Appliance をバージョン 5.1 Update 3 または 5.5 Update 2 にアップグレードしてから、 vCenter Server Appliance 6.0 にアップグレードします。vCenter Server Appliance 5.0 からバージョン 5.1 Update 3 へのアップグレードの詳細については、VMware vSphere 5.1 のドキュメントを参照してください。vCenter Server Appliance 5.0 からバージョン 5.5 Update 2 へのアップグレードの詳細については、VMware vSphere 5.5 のドキュメントを参照してください。

このワークシートを使用して、vCenter Server Appliance バージョン 5.1 Update 3 または 5.5.x をアップグレードする場合に必要な情報を記録することができます。

表 1. vCenter Server Appliance 5.1.x または 5.5.x のアップグレードに必要な情報

必要な情報

デフォルト値

入力内容

vCenter Server Appliance をアップグレードするターゲット ESXi ホストの IP アドレスまたは FQDN

ターゲット ESXi ホストで管理権限を持つユーザーの認証情報

ターゲット ESXi ホストのユーザー名

ターゲット ESXi ホストのパスワード

vCenter Server Appliance 6.0 名

vCenter Server Appliance 6.0 にアップグレードする vCenter Server Appliance のバージョン

アップグレードする vCenter Server Appliance のデータ

vCenter Server Appliance の IP アドレスまたは FQDN

vCenter Single Sign-On 管理者ユーザー名

vCenter Server Appliance 5.5.x からアップグレードする場合は administrator@vsphere.local

vCenter Single Sign-On 管理者のパスワード

vCenter Server の HTTPS ポート番号

root ユーザーのパスワード

一時的なアップグレード ファイル パス

/tmp/vmware/cis-export-folder

パフォーマンスなどの履歴データの移行

デフォルトでは無効

アップグレードする vCenter Server Appliance が存在するソース ESXi ホストの IP アドレスまたは FQDN

ソース ESXi ホストで管理権限を持つユーザーの認証情報

ソース ESXi ホストのユーザー名

ソース ESXi ホストのパスワード

vCenter Single Sign-On の設定

vCenter Server Appliance バージョン 5.1.x をアップグレードしている場合にのみ必要

vCenter Single Sign-On パスワード

vCenter Single Sign-On ドメイン名

vCenter Single Sign-On サイト名

vCenter Server Appliance のサイズ。

vSphere 環境のサイズに応じて、次の各オプションがあります。

  • 極小(最大でホスト 20 台、仮想マシン 400 台)

  • 小(最大でホスト 150 台、仮想マシン 3,000 台)

  • 中(最大でホスト 300 台、仮想マシン 6,000 台)

  • 大(最大でホスト 1,000 台、仮想マシン 10,000 台)

極小(最大でホスト 20 台、仮想マシン 400 台)

vCenter Server Appliance の新バージョンがデプロイされるデータストアの名前

シン ディスク モードの有効化または無効化

デフォルトでは無効

アップグレードする vCenter Server Appliance と新しい vCenter Server Appliance 間の通信に使用する一時的なネットワーク

IP アドレス バージョン

IPv4

IP アドレスの割り当て方法

DHCP

静的割り当ての設定

ネットワーク アドレス

サブネット マスク

ネットワーク ゲートウェイ

ネットワーク DNS サーバ(コンマで区切り)

SSH の有効化または無効化

デフォルトでは無効

VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) に参加する、または参加しない。

CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの構成」セクションを参照してください。

組み込みの vCenter Single Sign-On を使用するvCenter Server Appliance をアップグレードしている場合にのみ必要

CEIP に参加する