Windows 版 vCenter Server のインストーラを使用して、既存の vCenter Server 5.1 デプロイをアップグレードできます。

始める前に

このタスクについて

vCenter Server 5.1 サービスの構成により、アップグレード後のコンポーネントとサービスのデプロイが決定されます。

  • vCenter Server と同じ仮想マシンまたは物理サーバに vCenter Single Sign-On 5.1 が置かれている場合、インストーラは、組み込み Platform Services Controller デプロイを使用する vCenter Server に構成をアップグレードします。

  • vCenter Server とは異なる仮想マシンまたは物理サーバに vCenter Single Sign-On 5.1 が置かれている場合、インストーラは構成を外部 Platform Services Controller デプロイを使用する vCenter Server にアップグレードします。

  • vCenter ServervCenter Single Sign-On によって使用されている vCenter Server 5.1 ポートは保持されます。アップグレード中、ポートを変更することはできません。必要なポートの詳細については、vCenter ServerおよびPlatform Services Controllerに必要なポートを参照してください。

  • vCenter Server サービスは、vCenter Server と別個にデプロイされなくなりました。個別にデプロイされた 5.1 サービスは、アップグレード プロセス中にアップグレードされ、vCenter Server 仮想マシンまたは物理サーバに移行されます。サービス移行の詳細については、vCenter Server 6.0 へのアップグレード中の Windows サービス用の分散 vCenter Server の移行およびvCenter Server のアップグレード パスの例を参照してください。

  • インストーラは、Microsoft SQL Server Express のデータベースを vCenter Server に含まれる PostgreSQL データベースに自動的に移行します。VC 6.0 へアップグレードする前に Microsoft SQL Server Express から Microsoft SQL Server へ移行する方法については、当社のナレッジ ベースの記事 (http://kb.vmware.com/kb/1028601) および Microsoft のドキュメントを参照してください。PostgreSQL データベースへ移行しないでアップグレードする方法については、当社のナレッジ ベースのこちらの記事 (http://kb.vmware.com/kb/2109321) を参照してください。

注:

外部 vCenter Single Sign-On インスタンスを使用している場合は、これを Platform Services Controller 6.0 にアップグレードしてから vCenter Server 5.5 インスタンスを 6.0 にアップグレードする必要があります。外部デプロイの vCenter Single Sign-On 5.1 のアップグレード を参照してください。

手順

  1. Windows 版 vCenter Server の ISO ファイルをダウンロードします。ISO ファイルをローカルで抽出するか、または ISO ファイルをドライブとしてマウントします。
  2. ソフトウェア インストーラで、autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラを起動します。
  3. Windows 版 vCenter Server を選択し、インストール をクリックします。

    インストーラは、バックグラウンドでチェックを実行して既存の vCenter Single Sign-On 設定を検索し、アップグレード プロセスに影響する可能性がある問題がある場合には通知します。

    vCenter Server のインストーラが起動し、ようこそページが開きます。

  4. 検出された情報およびアップグレード パスがインストーラで表示されたら、それが正しいことを確認します。

    ようこそ画面ではなく、要件が満たされていないことを指摘するダイアログ ボックスが表示される場合は、ダイアログ ボックス内の指示に従ってください。

  5. インストール ウィザードの手順を完了し、使用許諾契約に同意します。

    インストーラは、バックグラウンドでアップグレード前チェックを行い、アップグレードの失敗の原因になる可能性がある問題を検出します。古い証明書が現在の VMware のセキュリティ基準を満たさない場合には、警告が表示されます。

  6. Platform Services Controller インスタンスを構成します。
    • vCenter ServervCenter Single Sign-On が同じマシンにインストールされている場合、Platform Services Controller を構成して 次へ をクリックします。

    • vCenter ServervCenter Single Sign-On が同じマシンに置かれていない場合は、外部 Platform Services Controller について求められた情報を入力し、次へ をクリックします。

    組み込みの Platform Services Controller の場合、インストーラは vCenter Single Sign-On ドメインの System-DomainPlatform Services Controller に対して選択されている新しいドメインに移行させます。外部 Platform Services Controller の場合、インストーラは入力された認証情報を使用して Platform Services Controller インスタンスに接続することによって、入力された情報を検証します。

  7. ポートを構成し、次へ をクリックします。

    インストーラは、選択されたポートが使用できるかどうかをチェックし、それらのポートが使用できない場合はエラー メッセージを表示します。

  8. インストール、データ、およびエクスポート データの各ディレクトリを構成し、次へ をクリックします。

    インストーラは、選択されたディレクトリでディスク領域とアクセス許可のチェックを実行し、選択されたディレクトリが要件を満たさない場合にはエラー メッセージを表示します。

  9. [サマリ] ページを確認して、設定が正しいことを確認します。vCenter Server マシンと vCenter Server データベースのバックアップを作成したことを確認し、アップグレード をクリックします。

    インストーラによってアップグレード プロセスが開始されると、進捗状況インジケータが表示されます。プロセスが完了すると、インストーラがアップグレードの状態を検証します。

  10. 終了 をクリックする前に、アップグレード後の手順を書き留めます。
  11. 終了 をクリックし、アップグレードを完了します。

タスクの結果

Windows 版 vCenter Server のアップグレードが完了します。アップグレード後のタスクの詳細については、vCenter Server のアップグレード後を参照してください。