vCenter Server 6.0 へのアップグレードは、データセンターのその他のソフトウェア コンポーネントに影響を与えます。

1 では、vCenter Server をアップグレードすることにより、データセンター コンポーネントが受ける可能性がある影響の概要を示します。

vCenter Server 6.0 は、ESXi 6.0 ホストのあるクラスタ内の ESXi 5.x ホストを管理できますが、ESX 4.x または ESXi 4.x ホストは管理できません。

vCenter Server 4.x 以前から vCenter Server 6.0 にアップグレードすることはできません。まず vCenter Server 5.x にアップグレードする必要があります。

表 1. vCenter Server および関連 VMware 製品とコンポーネントのアップグレード

製品またはコンポーネント

互換性

vCenter Server

現在の vCenter Server バージョンからアップグレード予定バージョンへのアップグレード パスのサポートを確認します。VMware 製品の相互運用性マトリックス(http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php)を参照してください。

vCenter Server データベース

データベースが、アップグレード後の vCenter Server バージョンでサポートされていることを確認します。必要に応じてデータベースをアップグレードします。VMware 製品の相互運用性マトリックス(http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php)を参照してください。

注:

vCenter Server Appliance for vCenter Server 6.0 では、組み込みデータベースに PostgreSQL を使用します。外部データベースについては、vCenter Server Appliance では「VMware 製品の相互運用性マトリックス」に示されている、アップグレード後の vCenter Server バージョン用と同じバージョンの Oracle データベースのみをサポートします。

vSphere Web Client

vSphere Web Client がアップグレード後の vCenter Server バージョンと連携することを確認します。最高のパフォーマンスと互換性を実現するには、vSphere Web Client を vCenter Server と同じバージョンにアップグレードします。VMware 製品の相互運用性マトリックス(http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php)を参照してください。

ESX ホストおよび ESXi ホスト

ESX または ESXi がアップグレード後の vCenter Server バージョンと連携することを確認します。必要に応じてアップグレードします。VMware 製品の相互運用性マトリックス(http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php)を参照してください。

VMFS-3 ボリューム

既存の VMFS-3 データストアは引き続き使用できますが、VMFS-3 データストアを作成することはできません。VMFS-3 データストアが存在する場合、VMFS-6 にアップグレードします。

仮想マシン

現在の使用バージョンによってアップグレード オプションが異なる。仮想マシンと VMware Tools のアップグレード を参照してください。

VMware Tools

現在の使用バージョンによってアップグレード オプションが異なる。VMware Tools のアップグレードについては、仮想マシンと VMware Tools のアップグレード を参照してください。

Auto Deploy

互換性と最高のパフォーマンスを確保するには、vCenter Server 6.0 にアップグレードするときに、Auto Deploy を使用して ESXi ホストを同じバージョンにアップグレードします。