vCenter Server には、サーバ データを格納および編成するためのデータベースが必要です。デプロイ時に、インストールおよび構成可能なバンドルされている PostgreSQL データベースを使用するか、外部データベースを設定します。

Windows 版 vCenter Server では、Oracle および Microsoft SQL データベースがサポートされていますが、vCenter Server Appliance では、外部データベースとして Oracle データベースのみがサポートされています。

バンドルされているデータベースはインストーラによって自動的に構成されますが、外部データベースは手動でまたはスクリプトを使用して構成できます。また、データ ソース名ユーザーには、特定の権限のリストを付与する必要があります。

データベースのパスワードは、vCenter Server をインストールする Windows 仮想マシンまたは物理ホスト、および vCenter Server Appliance にクリア テキストで保存されます。パスワードが保存されているファイルは、オペレーティング システムの保護機能を使用して保護されます。つまり、これらのファイルにアクセスして読み取るには、Windows のローカル管理者か、Linux の ルート ユーザーである必要があります。

vCenter Server インスタンスは、同じデータベース スキーマを共有できません。複数の vCenter Server データベースは同じデータベース サーバ上に配置することも、複数のデータベース サーバ間で別々に配置することもできます。Oracle データベースには、スキーマ オブジェクトの概念があるため、各 vCenter Server インスタンスのスキーマ所有者が異なる場合、1 つのデータベース サーバで複数の vCenter Server インスタンスを実行できます。各 vCenter Server インスタンスで、専用の Oracle データベース サーバを使用することもできます。