ライブ インストールを使用するインストールおよびアップデート操作の一部では、ホストをメンテナンス モードにする必要があります。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shellesxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

アップグレード操作でホストをメンテナンス モードにする必要があるかどうかを判断するには、更新するためにホストをメンテナンス モードにする必要があるか、再起動する必要があるかの確認 を参照してください。

注:

ホストが Virtual SAN クラスタのメンバーである場合、またそのホスト上の任意の仮想マシン オブジェクトがストレージ ポリシーの「許容する障害の数 =0」設定を使用している場合、そのホストがメンテナンス モードに入るときに異常な遅延が発生する可能性があります。この遅延は、Virtual SAN がメンテナンス操作を正常に完了するためにこのオブジェクトを退避させる必要があるため発生します。

--server=server_name を使用して接続先サーバを指定すると、サーバはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照するか、vCLI コマンド プロンプトで esxcli --help を実行します。

手順

  1. ホストがメンテナンス モードであるかどうかを確認します。

    vicfg-hostops --server=server_name --operation info

  2. ESXi ホストで実行されている各仮想マシンをパワーオフします。

    オプション

    コマンド

    ゲスト OS をシャットダウンしてから、仮想マシンをパワーオフします

    vmware-cmd --server=server_name path_to_vm stop soft

    強制的にパワーオフ操作を実行します

    vmware-cmd --server=server_name path_to_vm stop hard

    または、仮想マシンのパワーオフを避けるために他のホストに移行できます。『vCenter Server およびホスト管理』ドキュメントのトピック「Migrating Virtual Machines」を参照してください。

  3. ホストをメンテナンス モードにします。

    vicfg-hostops --server=server_name --operation enter

  4. ホストがメンテナンス モードであることを確認します。

    vicfg-hostops --server=server_name --operation info