vSphere 5.x から vSphere 6.0 への変更の中には、vCenter Server アップグレード プロセスに影響を与えるものがあります。vSphere 6.0 の新機能の包括的な一覧については、バージョン 6.0 リリースのリリース ノートを参照してください。

新機能の VMware Platform Services Controller

VMware Platform Services Controller には、vCenter Single Sign-On、VMware 認証局、ライセンス管理、サーバ予約と登録サービスなどの共通インフラストラクチャ サービスが含まれます。

Platform Services Controller インスタンスは、vCenter Server と同じ仮想マシン (VM) または物理サーバ(組み込み Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server)にデプロイできます。このほか、Platform Services Controller インスタンスを別のマシンまたは物理サーバ(外部 Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server)にデプロイすることも可能です。vCenter Server のデプロイ モデル を参照してください。

拡張リンク モード

vSphere 6.0 から、リンク モードの実装が変更されました。vCenter Server インスタンスをリンク モード グループに参加させる必要がなくなりました。複数の vCenter Server インスタンスを同じ Platform Services Controller に登録するか、または Platform Services Controller インスタンスを同じ vCenter Single Sign-On ドメインに参加させることにより、vSphere 5.5 でリンク モードで提供されるレプリケーション機能にアクセスできます。

単一の vCenter Single Sign-On ドメイン内の vCenter Server インスタンス間で高可用性を有効にするには、vCenter Server インスタンスで同一のサイト名を使用する必要があります。

これまでのリンク モードとは異なり、拡張リンク モードは Windows 上と vCenter Server Appliance 上の vCenter Server で使用可能であり、サポートされます。

vCenter Server コンポーネント サービスのデプロイ

vSphere 6.0 から、vCenter Server コンポーネント サービスは、vCenter ServerPlatform Services Controller のいずれかのサービスのグループでデプロイされます。vCenter Server 6.0 では、vSphere 共通サービスを個別にアップグレードすることはできなくなります。

vCenter Server アップグレード ソフトウェアでは、必要に応じて既存の vCenter Server 5.1 または vCenter Server 5.5 サービスの移行、アップグレード、および構成が行われます。アップグレード プロセスでは、個々にデプロイされている vCenter Server 5.0 または vCenter Server 5.1 サービスが適切なサービス グループに移行されます。

  • 現在、vCenter Single Sign-On の認証情報、証明書、およびポートは Platform Services Controller インスタンスの一部になっています。

  • タグ付けデータとライセンスは、Platform Services Controller インスタンスの一部です。

  • その他のサービスは vCenter Server インスタンスの一部です。詳細については、vCenter Server 6.0 へのアップグレード中の Windows サービス用の分散 vCenter Server の移行 を参照してください。

  • これで、アップグレード ソフトウェアが使用するターゲット フォルダを選択できます。

サービス デプロイの詳細については、Windows 版 vCenter Server 6.0 のアップグレード プロセスについてを参照してください。

シンプル アップグレード プロセスの後継機能

vCenter Server 5.1 または vCenter Server 5.5 シンプル アップグレード プロセスは、組み込み Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server 6.0 へのアップグレードに置き換えられます。このアップグレード プロセスにより、vCenter Server 5.1 または vCenter Server 5.5 サービスは、組み込み Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server 6.0 デプロイに移行されます。

カスタム アップグレード プロセスの後継機能

vCenter Server 5.1 または 5.5 カスタム アップグレード プロセスまたは個別アップグレード プロセスは、外部 Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server 6.0 へのアップグレードに置き換えられます。カスタムまたは分散 vCenter Server 5.1 または 5.5 インスタンスをアップグレードする場合、vCenter Server から別途デプロイされる vCenter Server 5.1 または 5.5 サービスがあれば、それらもアップグレード プロセスに含まれます。それらを個別にアップグレードする必要はありません。

外部 Platform Services Controller デプロイを使用する vCenter Server 6.0 へのアップグレード プロセスでは、vCenter Server から別個の仮想マシンまたは物理サーバにデプロイされる vCenter Server 5.1 または 5.5 サービスは、vCenter Server インスタンスと同じ仮想マシンまたは物理サーバに移行されます。vCenter Server コンポーネントを個別にデプロイすることはできなくなりました。アップグレード時のサービス移行の詳細については、vCenter Server 6.0 へのアップグレード中の Windows サービス用の分散 vCenter Server の移行を参照してください。

アップグレード中、Platform Services Controller のデプロイ モデルを変更できない

vCenter Server 6.0 へのアップグレード中、デプロイ モデルを変更することはできません。たとえば、組み込み Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server をデプロイする場合、外部 Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server に切り替えることはできません。実行できるのは、Platform Services Controller インスタンスの削除だけです。

アップグレード後、vCenter ServerPlatform Services Controller 間の接続を再ポイントすることによって vCenter Server デプロイを更新できます。また、組み込み Platform Services Controller デプロイを外部 Platform Services Controller デプロイに変換することもできます。

データベースの変更

vCenter Server 5.x の組み込み Microsoft SQL Server Express データベースは、vCenter Server 6.0 へのアップグレード時に、組み込み PostgreSQL データベースで置き換えられます。Microsoft SQL Server Express で適用された最大のインベントリ サイズは、PostgreSQL でも適用されます。

VMware vSphere Syslog Collector

vSphere Syslog Collector は、Windows 版 vCenter Server 6.0 の場合、vCenter Server サービス グループに含められ、引き続き vCenter Server 5.5 の場合とまったく同じように機能します。しかし、vCenter Server Appliance 6.0 の場合、使用されなくなります。

VMware Syslog サービス

vCenter Server Appliance 6.0 の場合、vSphere Syslog サービスは vCenter Server サービス グループに含められる、ロギング用のサポート ツールです。を参照してください。vCenter Server のコンポーネントおよびサービス