以前に vCenter Server とは別にデプロイされた vCenter Server 5.x サービスは、アップグレード プロセスで vCenter Server システムに移行された後、再構成が必要になることがあります。

このタスクについて

vCenter Server コンポーネントは個別にデプロイできなくなりました。vCenter Server 5.x のコンポーネントが以前に vCenter Server システムとは異なるシステムにデプロイされていた場合、それらのコンポーネントはアップグレード ソフトウェアによって vCenter Server システムに移行されます。場合によっては、移行されたサービスで再ポイントなどのアクションが必要になることがあります。

LogInsight や Splunk などの外部レシーバにログのリモート リレーを行う vCenter Server Appliance 5.5 インスタンスの場合、アップグレード ソフトウェアは vCenter Server Appliance 6.0 に含まれている VMware Syslog サービスにリレー構成を移行します。

バージョンが混在した環境でアップグレードを行う場合、vCenter Single Sign-On インスタンスを使用していた vCenter Server 5.x インスタンスは影響を受けません。それらのインスタンスは、アップグレード前と同様に、アップグレードされた Platform Services Controller インスタンスと連携し続け、問題が発生したり、更新が必要になったりすることはありません。vCenter Server 5.5 インスタンスはバージョン 5.5 の vSphere Web Client からは引き続き認識されますが、バージョン 6.0 の vSphere Web Client インスタンスからは認識されません。vCenter Server のアップグレード時のバージョン混在の移行環境 を参照してください。

手順

  1. vSphere Auto Deploy サービスが以前 vCenter Server とは別のマシンにインストールされていて、アップグレード プロセスで再配置された場合は、再配置された vSphere Auto Deploy サービスを参照するように DHCP 設定と TFTP 設定を更新します。
    1. deploy-tftp.zip をダウンロードし、tftp ルート フォルダを置き換えます。

      構成は TFTP クライアントに基づいて変えることができます。

    2. アップグレードされた vSphere Auto Deploy サービスとその .tramp ファイルを使用するように DHCP .conf ファイルを構成し直します。

      構成は DHCP 設定に基づいて変えることができます。

  2. vSphere Web Client が以前 vCenter Server とは別のマシンにインストールされていて、アップグレード プロセスで再配置された場合は、新しい場所を参照するように FQDN と IP アドレスを更新します。
  3. VMware vSphere Syslog Collector が以前 vCenter Server とは別のマシンにインストールされていた場合、vSphere Syslog Collector サーバの新しい場所(新たにアップグレードされた Windows 版 vCenter Server 6.0)に ESXi ホストを再ポイントします。
  4. vSphere ESXi Dump Collector サーバが以前 vCenter Server とは別のマシンにインストールされていた場合、vSphere ESXi Dump Collector サーバの新しい場所に ESXi ホストを再ポイントします。
  5. アップグレードされた vCenter Server Appliance 内の vSphere Syslog サービスにログのリモート リレーの構成変更を適用するには、6.0 へのアップグレードが完了した直後にこのサービスを再起動します。
  6. バージョン 5.5 と 6.0 が混在した暫定的な環境が続いている間にまだアップグレードされていない vCenter Server 5.5 インスタンスを表示するには、レガシー vSphere Web Client を再起動します。
  7. vCenter Server 5.x サービスのいずれかが別の仮想マシンまたは物理サーバでまだ実行されている場合は、それらを停止して削除できます。

    それらは vCenter Server 6.0 では使用されません。