vCenter Server には、仮想マシンおよびホストの管理、操作、リソース プロビジョニング、パフォーマンス評価を行うための一元化されたプラットフォームがあります。

vCenter Server と組み込み Platform Services Controller または vCenter Server Appliance と組み込み Platform Services Controller にアップグレードする場合、vCenter ServervCenter Server コンポーネント、および Platform Services Controller に含まれるサービスは同じシステムにデプロイされます。

vCenter Server と外部 Platform Services Controller にアップグレードする場合や、vCenter Server Appliance と外部 Platform Services Controller をデプロイする場合、vCenter Server およびvCenter Server コンポーネントは一方のシステムにデプロイされ、Platform Services Controller に含まれるサービスは他方のシステムにデプロイされます。

次のコンポーネントは、vCenter Server および vCenter Server Appliance インストールに含まれます。

  • インフラストラクチャ サービスの VMware Platform Services Controller グループには、vCenter Single Sign-On、ライセンス サービス、Lookup Service、および VMware 認証局が含まれます。

  • サービスの vCenter Server グループには、vCenter ServervSphere Web Client、Inventory Service、vSphere Auto Deploy、vSphere ESXi Dump Collector、VMware vSphere Syslog Collector (Windows)、および vCenter Server Appliance 用の VMware Sphere Syslog サービスが含まれます。

VMware Platform Services Controller とともにインストールされるサービス

vCenter Single Sign-On

vCenter Single Sign-On 認証サービスは、安全な認証サービスを vSphere ソフトウェア コンポーネントに提供します。vCenter Single Sign-On を使用することで、Active Directory などのディレクトリ サービスで各コンポーネントがユーザーを個別に認証するのではなく、安全なトークン交換メカニズムを介して vSphere コンポーネントが互いに通信できます。vCenter Single Sign-On は、インストールまたはアップグレード プロセス中に vSphere ソリューションおよびコンポーネントが登録される内部セキュリティ ドメイン(vsphere.local など)を構築し、インフラストラクチャ リソースを提供します。vCenter Single Sign-On は、独自の内部ユーザーおよびグループでユーザーを認証したり、Microsoft Active Directory などの信頼できる外部ディレクトリ サービスに接続したりできます。その後、vSphere 環境内で登録されたソリューションベースのアクセス許可またはロールを、認証されたユーザーに割り当てることができます。

vCenter Server 5.1.x 以降では、vCenter Single Sign-On が使用可能であるとともに必要です。

vSphere ライセンス サービス

vSphere ライセンス サービスでは、1 つの Platform Services Controller または複数のリンクされた Platform Services Controller に接続されているすべての vCenter Server システムに、共通のライセンス インベントリおよび管理機能を提供します。

VMware 認証局

VMware 認証局 (VMCA) により、VMCA をデフォルトでルート認証局とする署名証明書を使用して、各 ESXi ホストをプロビジョニングします。プロビジョニングは、ESXi ホストが vCenter Server に明示的に追加される場合に、または ESXi ホストのインストール プロセスの一環として実行されます。すべての ESXi 証明書は、ホストにローカルに保存されます。

vCenter Server とともにインストールされるサービス

これらの追加コンポーネントは、vCenter Server のインストール時にサイレント インストールされます。これらのコンポーネントには独自のインストーラがないため、個別にインストールすることはできません。

vCenter Inventory Service

Inventory Service には vCenter Server 構成とインベントリ データが格納されており、vCenter Server インスタンス全体でインベントリ オブジェクトを検索してアクセスすることができます。

PostgreSQL

vSphere および vCloud Hybrid Service 用にバンドルされた PostgreSQL データベースの VMware ディストリビューション。

vSphere Web Client

vSphere Web Client を使用すると、Web ブラウザを使用して vCenter Server インスタンスに接続し、vSphere インフラストラクチャを管理できます。

vSphere ESXi Dump Collector

vCenter Server のサポート ツール。システムに重大なエラーが発生した場合にディスクではなくネットワーク サーバに VMkernel メモリを保存するように、ESXi を構成できます。vSphere ESXi Dump Collector は、ネットワーク全体でこのようなメモリ ダンプを収集します。

VMware vSphere Syslog Collector

ネットワーク ログと、複数のホストからのログの結合を有効にする Windows 上の vCenter Server のサポート ツール。vSphere Syslog Collector を使用して、ESXi システム ログをローカル ディスクではなくネットワーク上のサーバに送信できます。ログの収集元となるサポート対象ホストの推奨最大数は 30 です。vSphere Syslog Collector の構成については、http://kb.vmware.com/kb/2021652 を参照してください。

VMware Syslog サービス

システム ログやネットワーク ログ、およびホストからのログの収集のための統合アーキテクチャを提供する vCenter Server Appliance のサポート ツール。VMware Syslog サービスを使用して、ESXi システム ログをローカル ディスクではなくネットワーク上のサーバに送信できます。ログの収集元となるサポート対象ホストの推奨最大数は 30 です。VMware Syslog サービスの構成については、『vCenter Server Appliance の構成』を参照してください。

vSphere Auto Deploy

ESXi ソフトウェア搭載の物理ホストを大量にプロビジョニングできる vCenter Server のサポート ツール。デプロイするイメージと、そのイメージを使用してプロビジョニングするホストを指定できます。任意で、ホストに適用するホスト プロファイルと、各ホストの vCenter Server の場所 (フォルダまたはクラスタ) を指定できます。