vSphere は、アップグレードされる複数のコンポーネントを備えた高機能な製品です。vSphere を正しくアップグレードするために必要となる一連のタスクについて理解する必要があります。

vSphere のアップグレードには次のタスクが含まれます。

  1. vSphere リリース ノートを参照します。

  2. システムが vSphere のハードウェア要件およびソフトウェア要件を満たしていることを確認します。アップグレード要件 を参照してください。

  3. 構成をバックアップしたことを確認します。

  4. vSphere システムに VMware ソリューションまたはプラグインが含まれる場合は、それらが、アップグレードしている vCenter Server または vCenter Server Appliance のバージョンと互換性があることを確認します。http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.phpに掲載されている『VMware 製品の相互運用性マトリックス』を参照してください。

  5. vCenter Server をアップグレードします。

    vCenter Server インスタンスと外部の Platform Services Controller インスタンスを拡張リンク モード構成で接続できます。

    重要:

    vCenter Single Sign-On ドメインへの参加を選択できますが、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server はスタンドアロンのインストールと見なし、インフラストラクチャ データのレプリケーションには使用しないでください。

    同時アップグレードはサポートされません。アップグレードは順に行う必要があります。vCenter Server インスタンスと同じ物理サーバまたは仮想マシン (VM) にインストールされていない vCenter Server インスタンスまたはサービスが複数存在する場合は、vCenter Server 6.0 へのアップグレード中の Windows サービス用の分散 vCenter Server の移行およびvCenter Server のアップグレード時のバージョン混在の移行環境を参照してください。

    Windows 仮想マシンまたは物理サーバ上で vCenter Server をアップグレードするか、または vCenter Server Appliance をアップグレードします。Windows 版 vCenter Server のアップグレード ワークフローについては、Windows 版 vCenter Server 6.0 のアップグレード プロセスについてを参照してください。vCenter Server Appliance のワークフローについては、vCenter Server Appliance のアップグレード プロセスについてを参照してください。

    1. vCenter Server をアップグレードするためのハードウェア要件およびソフトウェア要件をシステムが満たしていることを確認します。Windows 版 vCenter Server の要件 または vCenter Server Appliance の要件 を参照してください。

    2. アップグレードに備えて環境を整えます。を参照してください。vCenter Server をアップグレードする前に行う作業

    3. アップグレードに必要な情報をまとめたワークシートを作成します。Windows 版 vCenter Server のアップグレードに必要な情報 または vCenter Server Appliance のアップグレードに必要な情報 を参照してください。

    4. vCenter Server をアップグレードします。Windows 版 vCenter Server のアップグレードおよび更新 または vCenter Server Appliance および Platform Services Controller アプライアンスのアップグレードとパッチ適用 を参照してください。

      vCenter Server 5.0 は、組み込みまたは外部 Platform Services Controller デプロイにアップグレードすることができます。vCenter Server 5.1 または 5.5 アップグレードの場合、アップグレード後のデプロイの結果は初期のデプロイによって決まります。デプロイの詳細とデプロイがアップグレードに与える影響については、Windows 版 vCenter Server 6.0 のアップグレード プロセスについてvCenter Server Appliance のアップグレードvCenter Server Appliance および Platform Services Controller アプライアンスのパッチ適用vCenter Server のアップグレード パスの例を参照してください。

  6. vCenter Server をアップグレードした後、アップグレード後のタスクを完了します。アップグレード前の構成詳細によっては、再構成タスクをいくつか完了しなければならないことがあります。vCenter Server のアップグレード後 を参照してください。

  7. vSphere Update Manager を使用している場合は、これをアップグレードします。Update Manager のアップグレード を参照してください。

  8. ESXi ホストをアップグレードします。

    1. アップグレードのためのベスト プラクティスに目を通し、システムがアップグレード要件を満たしていることを確認します。ESXi アップグレードのベスト プラクティス およびESXi の要件 を参照してください。

    2. 使用する ESXi アップグレード オプションを決定します。ESXi 6.0 のアップグレード オプション を参照してください。

    3. ESXi インストーラを配置および起動する場所を決定します。ESXi インストーラを起動するためのメディア オプション を参照してください。インストーラを PXE 起動する場合は、ネットワークの PXE インフラストラクチャが正しく設定されていることを確認します。ESXi インストーラの PXE 起動 を参照してください。

    4. ESXi をアップグレードします。

  9. ESXi ホストをアップグレードした後、このホストを vCenter Server に再接続し、ライセンスを適用し直す必要があります。ESXi ホストをアップグレードした後に行う作業 を参照してください。

  10. ログ ファイルに十分なディスク ストレージを確保するため、リモート ログ機能用の syslog サーバの設定を検討します。リモート ホスト上のログ機能を設定することは、ローカル ストレージが不十分なホストで特に重要です。システム ログに必要な空き容量 および ESXi ホストでの syslog の構成 を参照してください。

  11. 仮想マシンと仮想アプライアンスを、手動でアップグレードするか、または vSphere Update Manager を使用して組織的にアップグレードします。仮想マシンと VMware Tools のアップグレード を参照してください。