vCenter Server をアップグレードする前に、PostgreSQL データベースが要件を満たしていること、必要な認証情報があること、必要なクリーンアップまたは他の準備が完了していることを確認します。

始める前に

vCenter Server のアップグレード用に PostgreSQL データベースを準備する前に、基本的なアップグレードの相互運用性を確認します。

このタスクについて

vCenter Server データベースのバックアップ方法の詳細については、PostgreSQL のドキュメントを参照してください。

手順

  1. パスワードが最新であり、十分な有効期限が設定されていることを確認します。
  2. ISO イメージ内で cleanup_orphaned_data_PostgresSQL.sql スクリプトを探し、それを PostgreSQL サーバにコピーします。
  3. root ユーザーとして vCenter Server Appliance にログインします。
  4. クリーンアップ スクリプトを実行します。

    /opt/vmware/PostgreSQL/1.0/bin/psql -U postgres -d VCDB -f pathcleanup_orphaned_data_Postgres.sql

    クリーンアップ スクリプトは、vCenter Server コンポーネントによって使用されていない vCenter Server データベース内の不要なまたは実体のないデータをクリーンアップして消去します。

  5. vCenter Server データベースと vCenter Inventory Service データベースのフル バックアップを作成してください。

タスクの結果

vCenter Server アップグレードのためのデータベースの準備が整いました。