ホスト用のルールを変更し、コンプライアンスのテストおよび修復処理を実行することで、新しいイメージ プロファイル、ホスト プロファイル、または vCenter Server の場所を使用してホストを再プロビジョニングすることができます。

始める前に

  • ホスト上で起動するイメージ プロファイルを作成します。Image Builder PowerCLI. を使用します。『vSphere のインストールとセットアップ』 の 「vSphere ESXi Image Builder CLI の使用」 のトピックを参照してください。

  • 最初の起動操作中に実行した設定が適切であることを確認します。

このタスクについて

ホストの再プロビジョニングにはいくつかのオプションがあります。

  • 使用する VIB でライブ アップデートがサポートされる場合は、esxcli software vib コマンドを使用できます。その場合は、新しい VIB を含むイメージ プロファイルを使用するように、ルール セットを更新する必要もあります。

  • テスト時に、Apply-EsxImageProfile cmdlet を使用して個々のホストにイメージ プロファイルを適用し、ホストを再起動して変更を有効にすることができます。Apply-EsxImageProfile コマンドレットは、ホストとイメージ プロフェイルの関連付けを更新しますが、ホストに VIB をインストールすることはしません。

  • その他すべての場合は、この手順を実行します。

手順

  1. PowerShell プロンプトで、Connect-VIServer PowerCLI cmdlet を実行して、Auto Deploy が登録されている vCenter Server システムに接続します。

    Connect-VIServer myVCServer

    この cmdlet はサーバ証明書の警告を返す場合があります。本番環境では、サーバ証明書の警告が表示されないことを確認します。開発環境では、この警告は無視できます。

  2. 使用するイメージ プロファイルが格納されているソフトウェア デポを特定するか、Image Builder PowerCLI を使用してカスタム イメージ プロファイルを定義します。
  3. Add-EsxSoftwareDepot を実行して、イメージ プロファイルが含まれるソフトウェア デポを PowerCLI セッションに追加します。

    デポのタイプ

    Cmdlet

    リモート デポ

    Add-EsxSoftwareDepot depot_url を実行します。

    ZIP ファイル

    1. ZIP ファイルをローカル ファイル パスにダウンロードするか、PowerCLI マシンにローカルなマウント ポイントを作成します。

    2. Add-EsxSoftwareDepot C:\file_path\my_offline_depot.zip を実行します。

  4. Get-EsxImageProfile を実行してイメージ プロファイルのリストを表示し、使用するプロファイルを決定します。
  5. Copy-DeployRule を実行し、ReplaceItem パラメータを指定して、イメージ プロファイルをホストに割り当てるルールを変更します。

    次のコマンドレットは、my_new_imageprofile プロファイルを使用して、ルールがホストに割り当てる現在のイメージ プロファイルを置き換えます。コマンドレットが完了すると、myrule で新しいプロファイルがホストに割り当てられます。古いバージョンの myrule は、名前が変更され、非表示になります。

    Copy-DeployRule myrule -ReplaceItem my_new_imageprofile

  6. イメージをデプロイする各ホストのルール コンプライアンスをテストし、修復します。

タスクの結果

コンプライアンス修復後にホストを再起動すると、Auto Deploy によって、ホストが新しいイメージ プロファイルでプロビジョニングされます。