外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server へのアップグレードが失敗する場合は、手動でリストアするか、vCenter Inventory Service や vCenter Server などのサービスを再ポイントする必要があります。

アンインストール フェーズの後で vCenter Server のアップグレードの失敗が発生し、設定が前の状態(vCenter Server 5.1 または 5.5)に戻る場合は、Platform Services Controller 6.0 に含まれる vCenter Single Sign-On に vCenter Inventory Service や vCenter Server などのサービスが再登録されないことがあります。

vCenter Inventory Service や vCenter Server などのサービスは、vCenter Server 6.0 へのアップグレード中に vCenter Single-Sign-On 5.1 または 5.5 から登録解除されます。サービスが登録解除された後でアップグレードの失敗が発生する場合には、登録情報が失われます。vCenter Server 6.0 へのアップグレードが再開されるときに、インストーラは登録解除されたサービスを確認し、それらを登録解除されたままにします。vCenter Inventory Service や vCenter Server などのサービスは、新たにアップグレードされた Platform Services Controller 6.0 インスタンスに手動で再ポイントまたは登録する必要があります。ナレッジ ベースの記事 2033620 を参照してください。

手順

vCenter Single Sign-On にこれらのサービスを再ポイントまたは再登録するには、このナレッジ ベースの記事で手順を見つけてそれに従ってください。