組み込み Platform Services Controller を使用する vCenter Server の参加済みインスタンスが 2 つ以上展開またはインストールされている場合、参加済み外部 Platform Services Controller インスタンスを使用する複数の vCenter Server インスタンスとして、それらを再構成できます。

始める前に

  • 各 vCenter Single Sign-On サイトについて、このサイトからの既存の組み込み Platform Services Controller インスタンスのレプリケーション パートナーとして、外部 Platform Services Controller インスタンスを展開またはインストールします。

    注:

    現在の vCenter Single Sign-On サイトは、vmfad-cli コマンドを使用することで特定できます。

    • 組み込み Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance の場合、root としてアプライアンス シェルにログインし、コマンドを実行します。

      /usr/lib/vmware-vmafd/bin/vmafd-cli get-site-name --server-name localhost
    • 組み込み Platform Services Controller を使用する vCenter Server インスタンスの Windows インストールの場合、管理者として Windows マシンにログインし、Windows コマンド プロンプトを開き、コマンドを実行します。

      C:\Program Files\VMware\vCenter Server\vmafdd\vmafd-cli get-site-name --server-name localhost
  • 組み込み Platform Services Controller を使用する vCenter Server インスタンスと外部 Platform Services Controller インスタンスのスナップショットを作成しておくことで、再構成に失敗したときに、そのスナップショットに戻せるようにします。

このタスクについて

図 1. 2 つの vCenter Single Sign-On サイトにまたがる、組み込み Platform Services Controller を使用する 3 つの参加済み vCenter Server インスタンスの再構成例
2 つの vCenter Single Sign-On サイト内での 2 つの Platform Services Controller インスタンスの展開またはインストール、レプリケーション関係へのこれらの参加、およびこれらの外部 Platform Services Controller インスタンスへの vCenter Server インスタンスの再ポイント

表 1. 凡例

矢印または直線

説明

2 つの Platform Services Controller インスタンスの間のレプリケーション関係を表す青い両矢印

2 つの Platform Services Controller インスタンスの間のレプリケーション関係

外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server インスタンスの登録を表す緑の直線

外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server の登録

システムのある状態から別の状態への移行を表す青い大きな矢印

移行手順

注:

組み込み Platform Services Controller を使用する vCenter Server インスタンスを再構成し、このインスタンスを外部 Platform Services Controller インスタンスに再ポイントする処理は、実行後は組み込み Platform Services Controller を使用する vCenter Server に戻すことはできない、一方向の処理です。