スクリプトを使用したインストールを実行する際には、起動時にキックスタート ファイルへのアクセス オプションを指定することが必要な場合があります。

サポートされる起動オプション

表 1. ESXi インストール用の起動オプション

起動オプション

説明

BOOTIF=hwtype-MAC address

netdevice オプションに似ていますが、syslinux.zytor.com サイトで SYSLINUX の IPAPPEND オプションで説明されている、PXELINUX 形式に関する点が異なります。

gateway=ip address

このネットワーク ゲートウェイを、インストール スクリプトおよびインストール メディアをダウンロードするために使用する、デフォルトのゲートウェイとして設定します。

ip=ip address

インストール スクリプトおよびインストール メディアのダウンロードに使用する固定 IP アドレスを設定します。注:このオプションでは PXELINUX 形式もサポートされています。syslinux.zytor.com のサイトで、SYSLINUX の中の IPAPPEND オプションを参照してください。

ks=cdrom:/path

path にあるスクリプトによるインストールを実行します。このスクリプトは CD-ROM ドライブの CD にあります。各 CDROM は、このパスと一致するファイルが見つかるまでマウントされ、チェックされます。

重要:

カスタム インストールまたはアップグレード スクリプトを使用してインストーラ ISO イメージを作成した場合は、大文字を使用してスクリプトのパスを入力する必要があります。例:ks=cdrom:/KS_CUST.CFG

ks=file://path

path にあるスクリプトを使用してインストールを実行します。

ks=protocol://serverpath

ネットワーク上の指定された URL に置かれたスクリプトを使用してインストールを実行します。protocol は、httphttpsftp、または nfs になります。nfs プロトコルを使用している例は、ks=nfs://host/porturl-path です。NFS URL の形式は、RFC 2224 で指定されています。

ks=usb

接続された USB ドライブにあるスクリプトにアクセスして、インストールを実行します。ks.cfg という名前のファイルが検索されます。このファイルは、ドライブのルート ディレクトリに置かれている必要があります。複数の USB フラッシュ ドライブが接続されている場合は、ks.cfg ファイルが見つかるまでそれらのドライブが検索されます。サポートされているのは FAT16 および FAT32 のファイル システムだけです。

ks=usb:/path

USB 上にある、指定されたパスにあるスクリプト ファイルを使用して、スクリプトによるインストールを実行します。

ksdevice=device

インストール スクリプトとインストール メディアの検索時にネットワーク アダプタ device の使用を試みます。MAC アドレス (00:50:56:C0:00:01 など) で指定します。この場所は vmnicNN 名にもできます。このサブコマンドを指定せず、ネットワーク経由でファイルを取得する必要がある場合は、最初に検出された接続済みネットワーク アダプタがデフォルトで使用されます。

nameserver=ip address

インストール スクリプトとインストール メディアのダウンロードに使用するドメイン名サーバを指定します。

netdevice=device

インストール スクリプトとインストール メディアの検索時にネットワーク アダプタ device の使用を試みます。MAC アドレス (00:50:56:C0:00:01 など) で指定します。この場所は vmnicNN 名にもできます。このサブコマンドを指定せず、ネットワーク経由でファイルを取得する必要がある場合は、最初に検出された接続済みネットワーク アダプタがデフォルトで使用されます。

netmask=subnet mask

インストール スクリプトおよびインストール メディアをダウンロードするネットワーク インターフェイスのサブネット マスクを指定します。

vlanid=vlanid

指定した VLAN 上に置くネットワーク カードを構成します。