vSphere 製品では、アップグレード(ソフトウェアの大きな変更)とアップデート(ソフトウェアの小さな変更)を区別しています。

VMware の製品バージョンには、vSphere 6.0 など、2 桁の番号が振られます。たとえば 5.5 から 6.0 へ、または 5.1 から 5.5 へと数字が変わっているリリースは、ソフトウェアの大幅な変更を含んでおり、以前のバージョンからのアップグレードが必要になります。変更が小さく、アップデートだけで済むリリースは、vSphere 6.0 Update 1 のようにアップデート番号で示されます。

ESXi ホストをアップグレードする場合には、一部のホスト構成情報がアップグレード後のバージョンに保存されます。アップグレードされたホストは、再起動後、同じレベルにアップグレードされている vCenter Server インスタンスに参加できます。アップデートとパッチにはソフトウェアの大きな変更が含まれないため、ホスト構成は影響を受けません。詳細については、次を参照してください。イメージ プロファイルによるホストのアップグレードまたは更新