アップグレード後に vCenter Server Appliance の Component Manager を最初にデプロイすると、エラーで失敗します。

vCenter Server Appliance インスタンスをデプロイすると、次のようなエラーが受信されます。

「firstboot スクリプト実行エラー。」

vCenter Single Sign-On への接続時の SSL 証明書が一致しません。証明書内のホスト名が一致しませんでした。<vcenter-b.domain.com> != <localhost.localdom> または <localhost.localdom> または <localhost>」

vCenter Server Appliance インスタンス名が、SSL 証明書内の名前と一致していません。証明書を再生成して、正しい完全修飾ドメイン名を取得する必要があります。

手順

  1. vCenter Server Appliance 5.5 インスタンスをパワーオンします。
  2. VAMI https://IP:5480 にログインします。
  3. ネットワーク設定に正しい IP アドレスとホスト名が設定されていることを確認します。
  4. 証明書の再生成 チェック ボックスをオンにします。
  5. vCenter Server Appliance 5.5 インスタンスを再起動します。

    vCenter ServervSphere Web Client、vami、slapd、vCenter Inventory Service、および vCenter Single Sign-On の証明書が CN=vcenter-a.domain.com を含む証明書および DNS=vcenter-a.domain.com DNS=vcenter-a IP=192.168.2.100 を含む SubjectAltName を使用して再生成されます。証明書には vcenter-b.domain.com が含まれなくなります。

  6. vCenter Server Appliance 6.0 のアップグレードを再実行します。

タスクの結果

vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server Appliance のアップグレード を参照してください。