ESXi ホストと vCenter Server は、SSL 経由で安全に通信し、機密性、データの整合性、および認証を保証します。

vSphere 6.0 では、VMware 認証局 (VMCA) により、VMCA をデフォルトでルート認証局とする署名付き証明書を使用して、各 ESXi ホストをプロビジョニングします。プロビジョニングは、ESXi ホストが vCenter Server に明示的に追加されるときに実行されるか、ESXi ホストのインストールの一環として実行されます。すべての ESXi 証明書は、ホストにローカルに保存されます。

別のルート認証局 (CA) によるカスタム証明書を使用することもできます。ESXi ホストの証明書の管理の詳細については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントを参照してください。

vCenter Server および vCenter Server のサービスのすべての証明書は、VMware Endpoint 証明書ストア (VECS) に保存されます。

vCenter Server の VMCA 証明書は、任意の CA によって署名された別の証明書で置き換えることができます。サードパーティの証明書を使用する場合は、Platform Services Controller をインストールし、新しい CA 署名付きルート証明書を VMCA に追加して、vCenter Server をインストールします。vCenter Server の証明書の管理の詳細については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントを参照してください。