1 つのクラスタにある複数の ESXi ホストの場合、修正処理は連続または並行して実行できます。一部の機能が原因で修正が失敗する場合があります。VMware DPM、HA のアドミッション コントロール、または Fault Tolerance が有効な場合は、修正が正常に行われるように、それらの機能を一時的に無効にする必要があります。

始める前に

必要な権限:VMware vSphere Update Manager > Configure

このタスクについて

注:

ホストを並行して修正すると、クラスタの修正に必要な時間を短くしてパフォーマンスを大幅に向上することができます。Update Manager は、DRS によって設定されたクラスタ リソースの制約に影響を与えずに、ホストを並行して修正します。ホストが Virtual SAN クラスタの一部である場合には、ホストを並行して修正しないでください。Virtual SAN クラスタの特性のため、クラスタ内にメンテナンス モードのホストが他にあるとき、ホストはメンテナンス モードに入ることはできません。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client を使用して、Update Manager が登録されている vCenter Server システムに接続します。
  2. vCenter Server への接続に使用しているクライアントによっては、以下の手順を実行します。

    クライアント

    手順

    vSphere Web Client

    1. 管理 タブで、[設定] の下の ホスト/クラスタ設定 をクリックします。

    2. [編集] をクリックします。

    vSphere Client

    1. 構成 タブで、設定の下にある ESX ホスト/クラスタ設定 をクリックします。

  3. 無効または有効にする機能のチェック ボックスを選択します。

    オプション

    説明

    分散電力管理 (DPM)

    VMware DPM は、クラスタ内で実行している仮想マシンのリソース使用状況を監視します。十分に余分な容量がある場合は、VMware DPM はクラスタ内のほかのホストへ仮想マシンを移動し、元のホストをスタンバイ モードにして節電することを推奨します。容量が不足している場合は、スタンバイ ホストをパワーオンの状態に戻すように、VMware DPM が推奨する場合があります。

    DPM を無効にすることを選択しなかった場合、Update Manager は、VMware DPM が有効になっているクラスタをスキップします。VMware DPM を一時的に無効にすることを選択した場合、Update Manager はクラスタで DPM を無効にし、そのクラスタのホストを修正して、修正が完了したあと VMware DPM を再度有効にします。

    HA (High Availability) のアドミッション コントロール

    アドミッション コントロールは VMware HA が使用するポリシーです。これにより、クラスタ内のフェイルオーバーのキャパシティが確保されます。修正時に HA のアドミッション コントロールが有効になっている場合、クラスタ内の仮想マシンが vMotion で移行されない場合があります。

    HA のアドミッション コントロールを無効にすることを選択しなかった場合、Update Manager は HA のアドミッション コントロールが有効になっているクラスタをスキップします。HA のアドミッション コントロールを一時的に無効にすることを選択した場合、Update Manager は HA のアドミッション コントロールを無効にして、クラスタを修正します。そして、修正が完了したあと HA のアドミッション コントロールを再度有効にします。

    Fault Tolerance (FT)

    FT は、プライマリ仮想マシンと同一のセカンダリ仮想マシンを自動的に作成して保守することで、仮想マシンを継続的に使用できるようにします。ホスト上の仮想マシンで FT をオフにすることを選択しなかった場合、Update Manager はそのホストを修正しません。

    クラスタ内のホストの並行修正を有効にします

    Update Manager は、クラスタ内の各ホストを並行修正できます。Update Manager は、DRS 設定に影響を与えずに並行修正できるホストの最大数を継続的に評価します。このオプションを選択しなかった場合、Update Manager はクラスタ内の各ホストを順次修正します。

    設計上、Virtual SAN クラスタの 1 台のホストのみをいつでもメンテナンス モードにすることができます。Update Manager は、Virtual SAN クラスタの一部であるホストを並行して修正するオプションを選択した場合にも、これらのホストを順次修正します。

    ホストをメンテナンスモードに切り替える必要がある場合に、パワーオフ状態およびサスペンド状態の仮想マシンをクラスタの他のホストに移行する

    Update Manager は、サスペンド状態およびパワーオフ状態の仮想マシンを、メンテナンス モードに切り替える必要があるホストから、クラスタ内のほかのホストに移行します。[メンテナンス モードの設定] ペインで、修正前に仮想マシンをパワーオフまたはサスペンドするように選択できます。

  4. 適用 をクリックします。

タスクの結果

これらの設定がデフォルトの障害時対応の設定になります。個々の修正タスクを構成する際は、異なる設定を指定することができます。