URL ベースでパッチを適用する場合、デフォルトでは、アプライアンスのビルド プロファイル用に vCenter Server Appliance に事前設定されている、デフォルトの VMware リポジトリ URL を使用します。実際の環境要件に適したパッチの供給元として、カスタムのリポジトリ URL を構成できます。

始める前に

root として vCenter Server Appliance 管理インターフェイスにログインします。

このタスクについて

デフォルトでは、URL ベースのパッチ適用に使用されるリポジトリは、デフォルトの VMware リポジトリ URL です。

注:

proxy.set コマンドを使用して、vCenter Server Appliance とリポジトリ URL 間の通信用のプロキシ サーバを構成できます。アプライアンス シェルの API コマンドの詳細については、vCenter Server Appliance の構成を参照してください。

vCenter Server Appliance がインターネットに接続されていない場合、またはセキュリティ ポリシーで要求される場合は、データ センター内のローカル Web サーバ上で実行されるカスタム リポジトリをビルドおよび構成し、データをデフォルトの VMware リポジトリ URL からレプリケートできます。オプションで、カスタムのパッチ適用リポジトリをホストする Web サーバにアクセスするための認証ポリシーを設定できます。

手順

  1. カスタム リポジトリ URL を構成する場合、リポジトリをローカル Web サーバに構築します。
    1. VMware の Web サイト (https://my.vmware.com/web/vmware/downloads) から vCenter Server Appliance のパッチ ZIP ファイルをダウンロードします。
    2. Web サーバ上でルートの下にリポジトリ ディレクトリを作成します。

      たとえば、vc_update_repo ディレクトリを作成します。

    3. ZIP ファイルをそのリポジトリ ディレクトリに解凍します。

      解凍されたファイルは manifest および package-pool サブディレクトリに配置されます。

  2. vCenter Server Appliance 管理インターフェイスで、更新 をクリックします。
  3. 接続設定 をクリックします。
  4. リポジトリの設定を選択します。

    オプション

    説明

    デフォルト リポジトリの使用

    アプライアンスのビルド プロファイルに事前設定されている、デフォルトの VMware リポジトリ URL を使用します。

    指定されたリポジトリの使用

    カスタム リポジトリを使用します。リポジトリ URL を入力する必要があります。たとえば、 http://web_server_name.your_company.com/vc_update_repo です。

    リポジトリ ポリシーで認証が要求される場合はユーザー名とパスワードも入力します。

  5. OK をクリックします。

次のタスク

vCenter Server Appliance のパッチの確認およびインストール