パッチは ISO イメージからまたはリポジトリ URL から直接、確認およびインストールできます。

始める前に

  • root として vCenter Server Appliance 管理インターフェイスにログインします。

  • https://my.vmware.com/group/vmware/patchで以前にダウンロードした ISO イメージからアプライアンスにパッチを適用する場合は、その ISO イメージを vCenter Server Appliance の CD/DVD ドライブに接続する必要があります。vSphere Web Client を使用し、ISO イメージをアプライアンスの CD/DVD ドライブ用のデータストア ISO ファイルとして構成できます。vSphere 仮想マシン管理 を参照してください。

  • リポジトリ URL からアプライアンスにパッチを適用する場合は、リポジトリ設定の構成が完了していることと、現在のリポジトリ URL がアクセス可能であることを確認します。URL ベースのパッチ適用のためのリポジトリの構成 を参照してください。

  • 外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance にパッチを適用する場合は、Platform Services Controller とそのレプリケーション パートナー(vCenter Single Sign-On ドメイン内に存在する場合)にパッチが適用されていることを確認します。

このタスクについて

重要:

パッチのインストール中、アプライアンス内で実行されているサービスは使用できなくなります。メンテナンス期間にこの手順を実行する必要があります。障害に備えた予防策として、vCenter Server Appliance をバックアップできます。vCenter Server のバックアップおよびリストアの詳細については、vSphere のインストールとセットアップを参照してください。

手順

  1. vCenter Server Appliance 管理インターフェイスで、更新 をクリックします。

    [現在のバージョンの詳細] ペインで、vCenter Server Appliance のバージョンおよびビルド番号を確認できます。インストールされたパッチ(ある場合)の履歴を確認することもできます。

  2. 更新のチェック をクリックして、ソースを選択します。

    オプション

    説明

    URL の確認

    使用可能なパッチについて、構成済みのリポジトリ URL をスキャンします

    CDROM の確認

    アプライアンスの CD/DVD ドライブに接続した ISO イメージをスキャンして使用可能なパッチがないか確認します

    [使用可能なアップデート] ペインで、選択したソースに使用可能なパッチについての詳細を表示できます。

    重要:

    更新によっては、システムの再起動が必要なものもあります。これらのアップデートに関する情報は、[使用可能なアップデート] ペインで確認できます。

  3. 更新のインストール をクリックし、適用するパッチの範囲を選択します。

    オプション

    説明

    すべての更新のインストール

    使用可能なすべての VMware およびサードパーティのパッチを適用します

    サードパーティーの更新のインストール

    サードパーティのパッチのみを適用します

  4. エンド ユーザー使用許諾契約書を読んで同意します。
  5. インストールが完了したら、OK をクリックします。
  6. パッチのインストールでアプライアンスの再起動を必要とする場合は、サマリ をクリックし、再起動 をクリックしてアプライアンスをリセットします。

タスクの結果

[使用可能なアップデート] ペインで、アプライアンスの変更された更新ステータスを確認できます。