vSphere 6.0 には、vSphere デプロイをアップグレードするためのオプションが数多くあります。vSphere のアップグレードを成功させるには、アップグレード オプション、アップグレード プロセスに影響を与える構成の詳細、タスクの順序を理解しておく必要があります。

vSphere の 2 つの主要なコンポーネントは、VMware ESXi™ と VMware vCenter Server™ です。{ESXi は、仮想マシンおよび仮想アプライアンスを作成および実行できる仮想プラットフォームです。vCenter Server は、ネットワーク内で接続された ESXi ホストを一元的に管理する機能を果たすサービスです。vCenter Server システムを使用して、複数のホストのリソースをリソース プールにまとめて管理できます。

Windows 仮想マシンまたは物理サーバ上の vCenter Server システムをアップグレードするか、vCenter Server Appliance をアップグレードできます。vCenter Server Appliance は、vCenter Server システムおよび vCenter Server コンポーネントの実行用に最適化された、事前構成済みの Linux ベースの仮想マシンです。

vSphere 6.0 からは、vCenter Server および vCenter Server コンポーネントを実行するために事前に必要なすべてのサービスが Platform Services Controller にバンドルされています。既存の vCenter Server 構成の詳細に応じて、組み込みまたは外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server システムにアップグレードできます。vCenter Server 6.0 のアップグレード オプションの詳細については、Windows 版 vCenter Server 6.0 のアップグレード プロセスについておよびvCenter Server Appliance のアップグレード プロセスについてを参照してください。

ESXi のアップグレード サポートの詳細については、ESXi 6.0 のアップグレード オプションを参照してください。

vSphere 6.0 にアップグレードするとき、発生する可能性があるデータの損失を防ぎ、ダウンタイムを最小限するため、すべての手順を順番通りに実行する必要があります。各コンポーネントのアップグレード プロセスは、1 方向にしか実行できません。たとえば、vCenter Server 6.0 へのアップグレード後に vCenter Server 5.x に戻すことはできません。バックアップおよび計画を行うことで、元のソフトウェア レコードをリストアできます。vSphere 全体のアップグレード順序については、vSphere アップグレード プロセスを参照してください。