Windows での vCenter Server のアップグレード オプションは、既存の導入環境およびバージョンによって異なります。

Windows 版 vCenter Server のアップグレード プロセスは次のとおりです。

  1. vCenter Server 5.x 構成のエクスポート

  2. vCenter Server 5.x 構成のアンインストール

  3. vCenter Server 6.0 のインストール

  4. vCenter Server 5.x サービスおよびデータの vCenter Server 6.0 環境への移行と構成

アップグレード後の環境は現在の導入環境によって異なります。

  • vCenter Server 5.0 からのアップグレード中に、組み込みまたは外部の Platform Services Controller インスタンスのいずれかを構成できます。

  • 単一の仮想マシンまたは物理サーバにサービスがデプロイされている vCenter Server バージョン 5.1 または 5.5 導入環境は、組み込みの Platform Services Controller を使用する vCenter Server にアップグレードされます。

  • vCenter Server とは異なる仮想マシンまたは物理サーバにデプロイされた vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server バージョン 5.1 または 5.5 環境は、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server にアップグレードされます。

  • vCenter Server の複数のインスタンスをアップグレードする場合、アップグレードは適切な順序で行う必要があります。アップグレードの順序は重要です。vCenter Server のアップグレード時のバージョン混在の移行環境を参照してください。

図 1. Windows 版 vCenter Server 5.0 のアップグレード ワークフロー


Windows 版 vCenter Server 5.0 のアップグレード ワークフロー


図 2. Windows 版 vCenter Server 5.1 または 5.5 のアップグレード ワークフロー


Windows 版 vCenter Server 5.1 または 5.5 のアップグレード ワークフロー


アップグレード プロセスでは、個々のサービスをアンインストールまたは再インストールできません。たとえば、Inventory Service を個別にデプロイすることはできません。これは、vCenter Server 6.0 の vCenter Server のサービス グループの一部となります。

注:

アップグレード中は vCenter Server のデプロイ モデルは変更できません。たとえば、組み込みの Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server と、外部の Platform Services Controller インスタンスを使用する vCenter Server とを変更することはできません。