ワークフローと vSphere オブジェクト タイプを関連付けて、そのタイプのインベントリ オブジェクトで直接ワークフローを実行できます。

始める前に

  • Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter ServervSphere Web Client の両方がポイントしている同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。Orchestrator は、vCenter Server のエクステンションを管理する権限を持つユーザーを(ユーザー名とパスワードを入力して)指定する場合に、vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールおよび構成』を参照してください。

  • デフォルトの Orchestrator サーバを設定するには、システム管理者グループのメンバーとしてログインしてください。

このタスクについて

インベントリ オブジェクト タイプに関連付けられたワークフローは、インベントリ オブジェクトを右クリックすると表示されるポップアップ メニュー、および アクション メニューにリストされます。

手順

  1. オブジェクト ナビゲータで、vRealize Orchestrator をクリックします。
  2. 管理 タブをクリックします。
  3. コンテキスト操作 サブタブをクリックします。
  4. 追加 アイコンワークフローを vSphere インベントリ オブジェクトと関連付ける [追加] ボタン。をクリックし、新しいワークフローを追加します。
  5. vRO サーバ ツリーから Orchestrator サーバを選択し、ワークフロー ライブラリを移動して、追加するワークフローを探します。
  6. 追加 をクリックします。

    右側の選択済みワークフローのリストにワークフローが表示されます。

  7. (オプション) : 複数選択を有効にします。

    複数選択により、ワークフローの実行時に同じタイプの vSphere オブジェクトを複数選択できます。

  8. 使用可能なタイプの中から、ワークフローに関連付ける vSphere オブジェクト タイプを選択します。
  9. OK をクリックします。