新世代の AMD プロセッサには、3DNow! プロセッサ命令が搭載されていません。クラスタ内のホストで異なる世代の AMD プロセッサが使用されていて、一部には 3DNow! 命令セットが搭載されていて一部には搭載されていない場合、ホスト間で仮想マシンを正常に移行できません。これらの命令を使用できないようにするには、EVC モードまたは CPU 互換性マスクを使用する必要があります。

始める前に

クラスタに含まれているホストが、AMD Opteron Generation 3 以降のプロセッサを持つホストだけであることを確認します。

このタスクについて

vCenter ServerAMD Opteron Gen. 3 (3DNow!(TM) のサポートなし) EVC モードは、仮想マシンから 3DNow! 命令をマスクします。この EVC モードは AMD Opteron Generation 3 ホストのみを含む EVC クラスタに適用でき、クラスタで 3DNow! 命令を搭載していない AMD Opteron ホストとの vMotion 互換を保つことができます。AMD Opteron Generation 1 ホストまたは AMD Opteron Generation 2 ホストを含むクラスタは、3DNow! 命令を搭載していないホストと vMotion 互換にすることはできません。

手順

EVC クラスタで AMD Opteron Gen. 3 (3DNow!(TM) のサポートなし) EVC モードを有効にします。

EVC モードを有効にする手順は、クラスタを作成する場合と、既存のクラスタのモードを有効にする場合とで異なります。また、既存のクラスタにパワーオン状態の仮想マシンがあるかどうかによっても異なります。

オプション

説明

新規クラスタの作成

新規クラスタ ウィザードで、AMD ホストの EVC を有効にして、AMD Opteron Gen. 3 (3DNow!(TM) のサポートなし) EVC モードを選択します。

パワーオン状態の仮想マシンがないクラスタの編集

[クラスタ設定] ダイアログ ボックスで、VMware EVC 設定を編集して、AMD Opteron Gen. 3 (3DNow!(TM) のサポートなし) EVC モードを選択します。

パワーオン状態の仮想マシンがあるクラスタの編集

クラスタ内にパワーオン状態の仮想マシンがあると AMD Opteron Gen. 3 (3DNow!(TM) のサポートなし) EVC モードを有効にできません。

  1. クラスタ内の実行中の仮想マシンをすべてパワーオフするか、vMotion を使用してクラスタ外に移行します。

    vMotion を使用して仮想マシンをクラスタ外に移行すると、都合の良いときまで仮想マシンのパワーオフを遅らせることができます。

  2. [クラスタ設定] ダイアログ ボックスで、VMware EVC 設定を編集して、AMD Opteron Gen. 3 (3DNow!(TM) のサポートなし) EVC モードを選択します。

  3. クラスタ外に仮想マシンを移行した場合は、それらをパワーオフし、元のクラスタにコールド移行します。

  4. 仮想マシンをパワーオンします。

タスクの結果

これで、3DNow! 命令を搭載していない AMD プロセッサを持つホストをクラスタに追加できました。また、クラスタ内の新しいホストと既存ホストとの間で、vMotion の互換性を保持できました。