プロセッサは、ファミリにグループ化されます。通常、同じファミリに含まれるプロセッサの機能セットは似ています。

プロセッサ ファミリはプロセッサ ベンダーによって決められています。同じファミリ内の異なるプロセッサ バージョンは、プロセッサのモデル、ステッピング レベル、拡張機能を比較することで区別できます。場合によっては、プロセッサ ベンダーが、同じプロセッサ ファミリ内で大幅なアーキテクチャ変更 (SSSE3 命令、SSE4.1 命令、NX/XD CPU セキュリティ機能など) を行うことがあります。

デフォルトでは、vCenter Server は、アプリケーションが利用可能な機能の不一致を非互換とみなすことによって、vMotion を使用して移行した後の仮想マシンの安定性を保証します。

サーバ ハードウェアの CPU の仕様書には、通常、vMotion の互換性に影響を与える機能が CPU に搭載されているかどうかが記載されています。

Intel プロセッサおよびその機能の識別については、『アプリケーション ノート 485:インテル(R) プロセッサの識別と CPUID 命令』 を参照してください (Intel 社から入手可能)。AMD プロセッサおよびその機能の識別については、『CPUID Specification』 を参照してください (AMD 社から入手可能)。