ホストをクラスタから削除すると、ホストのリソースがクラスタ全体のリソースから削除されます。ホストにデプロイされた仮想マシンは、そのホストがクラスタから削除されたときの仮想マシンのステータスに応じて、クラスタ内のほかのホストに移行されるか、そのホストとともにクラスタから削除されます。

始める前に

クラスタからホストを削除する前に、そのホストで実行されているすべての仮想マシンをパワーオフするか、vMotion を使用して新しいホストに仮想マシンを移行する必要があります。

このタスクについて

インベントリでホストを選択し、インベントリ内の新しい場所にドラッグすることで、クラスタからホストを削除できます。新しい場所は、スタンドアロン ホストのフォルダまたは別のクラスタです。

手順

  1. vCenter Server システムに接続されている vSphere Client から、インベントリを表示します。
  2. インベントリ パネルで適切な管理対象ホストのアイコンを右クリックし、ポップアップ メニューから メンテナンス モードへの切り替え を選択します。

    ホスト上のすべての仮想マシンがパワーオフされていないと、ホストはメンテナンス モードになりません。

    DRS が有効なクラスタ内に置かれているホストがメンテナンス モードになると、DRS は vMotion を使用して、パワーオン状態の仮想マシンをそのホストから自動的に退避させようとします。

  3. 表示される確認のダイアログで、はい をクリックします。

    確認のダイアログでは、パワーオン状態でない仮想マシンをホストから自動的に退避させるかどうかも尋ねられます。それらの仮想マシンをクラスタ内のホストに登録したままにする場合は、これが便利です。

    ホストのアイコンが変わり、名前に 「メンテナンス モード」 と括弧書きで追加されます。

  4. インベントリ パネルでホストのアイコンを選択し、新しい場所にドラッグします。

    ホストは、別のクラスタまたは別のデータ センターに移動できます。新しい場所を選択すると、クラスタ名またはデータ センター名の周囲に青色のボックスが表示されます。

    vCenter Server により、ホストが新しい場所に移動されます。

  5. ホストを右クリックし、ポップアップ メニューから メンテナンス モードの終了 を選択します。
  6. (オプション) : 必要に応じて仮想マシンを再起動します。