vSphere インベントリ オブジェクトを管理するためのデフォルトのワークフローは、vCenter Server 5.5 プラグイン ワークフロー ライブラリに収録されたワークフローです。vCenter Server 5.5 プラグイン ワークフロー ライブラリには、vCenter Server およびホストの管理に関連した自動化プロセスを実行するために使用できるワークフローが収録されています。

vSphere Web Client でワークフローにアクセスするには、稼動中の Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter Server と vSphere Web Client の両方が参照する同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成する必要があります。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。Orchestrator は、vCenter Server のエクステンションを管理する権限を持つユーザーを(ユーザー名とパスワードを入力して)指定する場合に、vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールおよび構成』を参照してください。

使用可能なワークフローにアクセスするための一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. vCenter Server と vSphere Web Client の両方がポイントする同じ Single Sign-On インスタンスを持つ Orchestrator サーバを構成します。

  2. Orchestrator が vCenter Server の拡張機能として登録されていることを確認します。

  3. vSphere Web Client で、デフォルトで使用する Orchestrator サーバを構成します。

    デフォルトの Orchestrator サーバを構成する手順については、デフォルトの vRealize Orchestrator の構成 を参照してください。

  4. (任意) vSphere インベントリでオブジェクトを右クリックしたときに表示するワークフローを増やすには、ワークフローをほかのオブジェクト タイプに関連付けます。

    その手順は ワークフローと vSphere インベントリ オブジェクト タイプの関連付け を参照してください。

  5. 仮想マシン、ホスト、クラスタ、フォルダ、データストア、リソース プールなどの vSphere インベントリ オブジェクトを右クリックし、すべての vRealize Orchestrator プラグインのアクションを選択します。

注:

デフォルトでは、事前に定義された vCenter Server ワークフローのセットのみがポップアップ メニューに表示されます。追加のワークフローを各 vSphere オブジェクトと関連付けできます。ワークフローと vSphere インベントリ オブジェクト タイプの関連付け を参照してください。