vSphere のライセンス システムでは、さまざまなライセンス関連オブジェクトについて固有の専門用語と定義を使用します。

ライセンス キー

ライセンス キーは、関連付けられている製品の詳細、ライセンスの有効期限、ライセンスのキャパシティなどの情報をエンコードします。ライセンス キーはオブジェクトに割り当てられ、関連付けられている製品の機能が有効になります。

ライセンス

VMware 製品のライセンス キーのコンテナ。ライセンス キーを使用するには、vSphere Web Client にライセンス オブジェクトを作成し、そのライセンスにライセンス キーを挿入します。ライセンスが作成されたら、資産に割り当てることができます。

製品のエディション

一意のライセンス キーに関連付けられた一連の固有の機能。ライセンス キーを割り当てられると、製品のエディションの機能がロック解除されます。製品のエディションの例には、vSphere Enterprise、vSphere Standard、vCenter Server Essentials などがあります。

機能

固有の製品のエディションに関連付けられたライセンスによって有効または無効にされる機能。機能の例に、vSphere DRS、vSphere vMotion、vSphere High Availability などがあります。

解決方法

パッケージングされて vSphere とは別に分配される製品。ソリューションを vSphere にインストールすると、特定の機能が利用できるようになります。すべてのソリューションに、そのソリューション固有のライセンス モデルがありますが、ライセンスの管理とレポート作成にはライセンス サービスを使用します。ソリューションの例には、VMware Site Recovery Manager、vRealize Operations Manager、vCloud Network and Security などがあります。

資産

ライセンスが必要な vSphere 内の任意のオブジェクト。vSphere のライセンス管理者は、ライセンスに十分なキャパシティがあれば 1 つのライセンスを 1 つまたは複数の同じタイプの資産に割り当てることができます。スイート ライセンスは、スイートに含まれるすべての資産に割り当てることができます。資産は、vCenter Server システム、ESXi ホスト、および vSphere と統合する製品(VMware Site Recovery Manager や vRealize Operations Manager など)です。

ライセンス キャパシティ

資産に割り当てることができるユニット数。ライセンスのキャパシティのユニットは、ライセンスが関連付けられている製品に応じてさまざまなタイプがあります。たとえば、vCenter Server のライセンスによって、ライセンス供与できる vCenter Server システムの数が決まります。

ライセンス使用量

資産がライセンスのキャパシティから使用する資産のユニット数。たとえば、仮想マシン単位のライセンスを VMware Site Recovery Manager に割り当てる場合、VMware Site Recovery Manager のライセンス使用量は、保護された仮想マシンの数になります。