vCenter Server をデプロイするときは、あらゆる規模のワークロードを処理できる、可用性の高いアーキテクチャを構築する必要があります。

可用性は、vCenter Server への持続的な接続を必要とするソリューションにとって非常に重要です。長期間のダウンタイムを回避するために、ユーザーは、可用性の高い構成で vCenter Server を実行する必要があります。

次の 2 つのオプションが持続的な接続の実現に役立ちます。

  • オプション 1:vSphere High Availability クラスタとウォッチドッグの使用

  • オプション 2:Microsoft Cluster Service (MSCS) クラスタの使用

vCenter Server 環境が仮想化されている場合は、オプション 1 を使用します。vCenter Server が Windows にインストールされている場合は、オプション 2 を使用します。

注:

このドキュメントでは、MSCS への言及は、対応する Windows Server バージョン上の WSFC にも適用されます。