拡張リンク モードでは、1 つ以上の Platform Services Controller を使用することにより、複数の vCenter Server システムをリンクします。拡張リンク モードを使用することにより、すべてのリンクされた vCenter Server システムを表示し、まとめて検索することができます。このモードでは、すべてのシステムに渡って、ロール、アクセス許可、ライセンス、およびその他の主要なデータがレプリケートされます。

拡張リンク モードでは、Windows 上の vCenter Server と、vCenter Server Appliance システムの両方の場合に、次の機能を使用できます。

  • 1 つのユーザー名とパスワードで、すべてのリンクされた vCenter Server システムに同時にログインできます。

  • vSphere Web Client 内のすべてのリンクされた vCenter Server システムのインベントリを表示および検索できます。vSphere Client は拡張リンク モードをサポートしていません。

  • リンクされた vCenter Server システムのすべてに渡って、ロール、アクセス許可、ライセンス、タグ、およびポリシーがレプリケートされます。

拡張リンク モードの vCenter Server システムに参加するには、それらのシステムを同じ Platform Services Controller に接続するか、同じ vCenter Single Sign-On ドメインを共有する Platform Services Controller に接続します。

拡張リンク モードでは vCenter Server Standard ライセンス レベルを必要とし、vCenter Server Foundation または vCenter Server Essentials ではサポートされません。

vSphere 5.5 以前の場合、リンク モードでは Microsoft ADAM に依存してレプリケーション機能を提供していました。vSphere 6.0 以降では Platform Services Controller によってレプリケーション機能が提供されるため、ADAM は不要になっています。アーキテクチャが変更されたため、これらのシステムを vCenter Server 6.0 にアップグレードする前に、すべてのリンク モード グループから vCenter Server 5.5 システムを隔離する必要があります。詳細については、『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。