CPU の互換性マスクを使用して、仮想マシンごとに、仮想マシンが参照できる CPU 機能をカスタマイズできます。

vCenter Server は、仮想マシンで使用可能な CPU 機能をターゲット ホストの CPU 機能と比較して、vMotion での移行を許可するかどうかを決定します。

VMware は、vMotion での移行後、仮想マシンの安定性を保証するため、CPU の互換性マスクのデフォルト値を設定しています。

CPU の互換性やゲスト OS の機能(NX、XD など)を複数の選択肢から選択できるような場合には、仮想マシンの CPU の [詳細設定] オプション画面に、個々の仮想マシンを構成するためのチェックボックス オプションが表示されます。表示される CPU 機能を細かく制御するには、仮想マシンの CPU 互換性マスクをビット レベルで編集することができます。

注意:

CPU 互換性マスクを変更すると、構成がサポート対象外になる可能性があります。VMware サポートや VMware ナレッジ ベースの記事で指示されていないかぎり、CPU 互換性マスクを手動で変更しないでください。

CPU の互換性マスクは、どのような状況であっても、仮想マシンがマスクされた CPU 機能にアクセスしないようにはできません。場合によっては、ゲスト OS から隠されていても、マスクされている機能をアプリケーションが検出および使用することがあります。さらに、あらゆるホストで、CPUID 命令を使用するのではなく、サポートされていない CPU 機能の検出方法を使用するアプリケーションは、マスクされている機能にアクセスできます。サポートされていない CPU 検出方法を使用するアプリケーションを実行している仮想マシンは、移行後に、安定した動作をしないことがあります。